グルメ

岡山【野菜食堂こやま】で『重ね煮』の旬野菜料理に舌鼓!





美味しいもの大好き! 食いしん坊のあんころんです。今日は手間暇かけたお料理に「野菜ってこんなに美味しいんだ!」と、感動と共に気づかせてくれるお店『野菜食堂こやま』をご紹介します。

岡山【野菜食堂こやま】で『重ね煮』の旬野菜料理に舌鼓!



『野菜食堂こやま』ってどんなお店?

岡山中央郵便局前の大通りから一本西に入った通りにあります。
白カブに『野菜食堂こやま』と彫られた木の看板が目印。
小さな入り口で、初めてだとちょっと分かりずらいかもしれません。
駐車場がないので、車で行く際は近くの有料駐車場を利用してください。

お店情報

所在地
岡山市北区田町1-3-35

連絡先
TEL:086-234-0315

営業時間
[月・水~金・土・日]
11:30〜14:00
[木・金・土・日]
17:30〜21:00 LO20:30

定休日
毎週火曜日



こじんまりした古民家風のお店

ちょっと狭く急な階段を上って店内に入ると、板張りに座布団、古民家風のホッとする空間。“街中の隠れ家”って感じです。

店内は、女性客が多く、お1人様もちらほら。

全28席で、満席になってしまうこともあるので気をつけてくださいね。

『野菜食堂こやま』の主宰者はどんな人?

主宰者の小山津希枝さんが穀物菜食メインの食養料理に目覚めたきっかけは、夫の大病を克服するためだったそうです。

各地で料理教室や講演会、新聞の連載もされたり、著書には『野菜食堂こやま 幸せつなぐ毎日の食卓』があります。



『野菜食堂こやま』の特徴

“重ね煮”による調理

キャベツや白菜など、上に向かって伸びる葉菜類には、体を緩めて冷やす力が、
ごぼうや大根など、下に向かって伸びる根菜類には、体を引き締めて温める力があるといいます。

その特徴を活かし合うため、『野菜食堂こやま』では同じ鍋で、底から、きのこ・海藻⇒葉菜⇒芋類⇒根菜⇒穀物⇒魚介の順に重ねて一緒に煮る“重ね煮”という調理法が取られています。

上に上がろうとする力と、下に下がろうとする力が相互に影響し合い、塩をふるだけでも、それぞれの持つ甘みや旨味が最大限引き出されるそうです。

地元の旬素材をふんだんに使用

人の体は、食べ物はもちろん、空気や光、音、熱、湿気etc …環境のいろんな要素を取り入れてできてますよね。

熱帯地方や夏にできる野菜やフルーツは、体を冷やしてゆるめる、
逆に寒い所では、体を温めて引き締める、作物が育つ。

その場所で育ち、採れた物が、そこに住んでいる人にとって一番いい食べ物。
その自然の原理にかなうよう、地産地消の旬素材がふんだんに使われています。

穀物も野菜も丸ごと使用

『野菜食堂こやま』では、ふだん捨ててしまうような部分もなるべく使い、野菜を煮た時に出る“あく”さえ取らないのだとか。

穀物の皮や胚、野菜の皮にこそ、栄養や食物繊維が豊富に含まれているという考えに基づいているんですね。



メニューいろいろ

おすすめは野菜煮込みカツカレー

あんころんが頼む定番は、野菜煮込みカツカレー 1,100円(税込)

旬野菜がそのままいただけるカレーで、季節によって、具もお味も変わります。

冬は大根・かぶらの葉っぱ、ほうれん草や水菜などを煮込んだ青菜カレー。
その時間なんと、20時間以上だそう!

夏はトマトと玉ねぎをじっくり煮込んだカレー。

手間暇かけて料理すれば、野菜だけでこんなに旨味が出るんだなぁと感激しました。

中のカツは車麩でできています。お麩って、お吸い物にちょっと入ってる、完全に脇役だと思ってましたが、主役のおかずとしても存在感十分。

サクッ、モチッ、お肉にも勝るとも劣らないくらい美味しいです!



どれもがこだわりの素材

定食は、玄米、七分づき米、炒り玄米粥の3種類から、お好みで選べます。

玄米がまた、どうしてこんなにもっちり粘りがあって、ふっくら炊き上がるんでしょうか!?

あんころんも16穀米を一晩寝かして、家で炊くことがありますが、こんなにつややかには仕上がらないんですよねぇ。。

岡山県勝山産の合鴨農法の無農薬米で、東粟倉の湧き水を使っています。

お茶1つにしても、体を冷えをやわらげる三年番茶を出すこだわりよう。

重ね煮された野菜たちがハーモニーを奏でるお味噌汁がまた、とってもやさしいお味です。

味噌は、長崎産のものだそうです。

特別な日にはコースで

県外から友達が来た時は奮発して、5,500円(税込)コース(全9品程度)の要予約コース
をお願いしました。

“ほんまもんの手練り胡麻豆腐”がつくのですが、これがもう、胡麻の芳醇さが口いっぱいに広がり、胡麻好きにはたまりません。

胡麻を丁寧にすり上げ、本葛と練って作るという本格派。

9品ってボリュームも結構すごくて、もうお腹いっぱい、大満足でした。



他のメニューも間違いない

ランチ

■日替り定食 1,100円(税込)
車麩のカツ、玄米の混ぜご飯、豆腐ハンバーグ、重ね煮根菜汁などの日替り。
ごはん・味噌汁・サラダ・小鉢つき

■お楽しみ昼ごはん 1,600円(税込)
こやまのランチNo.1の人気メニュー
メイン・玄米・味噌汁・おかず4品とお野菜をふんだんに使った品数豊富な和御膳。

ディナー

■晩ごはんセット 1,830円(税込)(デザートセット 2,160円(税込))
季節の野菜を合わせた品数豊富な晩ごはんセット。

■四季のおもてなしコース(予約不要) 3,500円(税込)(全6品程度)
前菜盛合せ、サラダ、スープ、メインプレート、玄米ごはん、デザート

4,500円(税込)(Wikomi )コース(全8品程度) 要予約

5,500円(税込)コース(全9品程度) 要予約

新メニューも素敵♪

海老と旬野菜の駆落」、「真鯛と旬野菜添え恋路」なんて、ときめいちゃう名前の新メニューもできたみたいです!

“重ね煮も学べる料理教室

毎週水曜18時~は、“重ね煮”も学べる料理教室が開催されています。



まとめ

見た目、味、ボリューム、栄養、どれを取っても大満足の『野菜食堂こやま』の野菜料理。

是非一度、訪ねて味わってみてはいかがでしょうか?