スポーツ

松田詩野の経歴は?両親や身長?姉がいる?高校は?かわいいインスタ画像満載!

2020年東京オリンピックの新競技・サーフィンで活躍が期待される松田詩野選手。中2でプロになった驚くべき才能と実力の持ち主です。その経歴(プロフィール)は?両親と姉は?身長・体重?高校?インスタ画像?彼氏は?性格は?尊敬するのはスケートとテニスのあの⁉得意技、ライバルは?夢は?かわいい画像も満載です!

松田詩野選手のプロフィールは?

 

View this post on Instagram

 

Shino Matsuda 松田詩野さん(@shinomatsuda)がシェアした投稿

松田 詩野(まつだ しの)

生年月日 2002年8月13日

出身 神奈川県茅ケ崎市

好きな音楽 平井大、ラッドウィンプス

好きな食べ物 お寿司、『男梅グミ』(笑)、肉、フルーツ(桃)

嫌いな食べ物 なし

一番好きなビーチ カリフォルニア・ハンティントンなど

おもな大会戦歴

2018 ISA World Junior Surfing Championship U-16 Girls日本代表 個人2位 団体1位
2018 WSL Junior #30 QS1000 「Ise Shima Pro Junior」 優勝
2018 WSL Junior #29 QS1000 「Minami Boso Junior Pro」 優勝
2018 WSL #24 QS1000 「Ichinomiya Chiba Open」優勝
2018 WSL Junior #1 「World Junior Championship」出場
2017 WSL JAPAN ウイメンズジュニア 年間チャンピオン
2017 WSL Junior #27 QS1000 「Minami Boso Junior Pro」優勝
2017 JPSA 第1戦 「ガルーダ・インドネシア/旅工房 ムラサキプロ 東京横丁六本木」4位
2016 WSL Women’s Qualifying Series JAPAN リージョナルチャンピオン
2016 WSL Junior #24 QS1000 「Ise Shima Pro Junior」優勝
2016 WSL #29 QS1000 「Trump Hyuga Pro」優勝
2016 WSL #14 QS1000 「Ichinomiya Chiba Open」2位
2016 ISA World Junior Surfing Championship U-18 Girls 日本代表
2016 ISA World Junior Surfing Championship U-18 Girls 日本代表
2016 JPSA×WSL JAPAN co-sanction event 夢屋サーフィンゲームス 田原オープン プロアマ 3位
2016 NSA 4 大大会 「第51回全日本サーフィン選手権大会」優勝
2016 NSA 4 大大会 「第34回全日本級別サーフィン選手権大会」優勝
2015 NSA AAA グレード 「BILLABONG SURFING GAMES 2015 西日本サーフィン選手権」優勝

うわ~、輝かしい戦績ですね!

父母の影響で小学1年生(6歳)からサーフィンを始めた松田詩野選手。

幼馴染の男の子とサーフィンスクール体験に行ったのがきっかけで、ハマってしまったそうです。

初めてサーフボードに立った時、「ボードの上に立ったというより、海の上を滑っている感覚」が気持ちよく、今でもその感覚を覚えているのだとか。

海のすぐ近くに住み、幼い頃から地元でサーフィンに慣れ親しんで育った、生粋の茅ヶ崎ガールです。

そしてなんと14歳(中2)でプロ入りしているんです!

▼華麗ですね~!

View this post on Instagram

 

Shino Matsuda 松田詩野さん(@shinomatsuda)がシェアした投稿

松田詩野選手の両親と姉は?

神奈川県葉山出身の父親がロングボード、山形出身の母親がボディボードをやっていて、6歳の時に茅ヶ崎のサーフィンスクールに入り、サーフィンを本格的に開始。

やっていくうちに両親は、サポートに回ってくれるようになったそうです。

サーファー一家なんですね。

兄弟は、5歳年上の葉月さんという姉がいます。

インタビューで優勝した時の気分を

「とにかく、もう最高です!!応援してくれるスポンサーさんやサーフィン仲間、そして家族の目の前で優勝し、担いでもらった(優勝者は試合を終え、海から上がってきた瞬間、サーファーたちに祝福され担がれる)思い出は、一生忘れません!!」

と答えている松田詩野選手。

この肩車しているどちらかが、お父さんなのでしょうか?

松田詩野選手のお父さんですから、お兄さんみたいな方かも⁉

View this post on Instagram

 

Shino Matsuda 松田詩野さん(@shinomatsuda)がシェアした投稿

松田詩野選手の身長・体重は?

中3の時に158㎝48㎏だったそうなので、高2の現在はもっと成長していると思います。

写真を見ても、とっても健康的で笑顔が最高にかわいいですよね!

松田詩野選手の高校は?

現在は通信制の高校に通いながら、海外の大会を転戦中。

中2でプロサーファーになったほどの才能と実力の持ち主ですから、可能な限りの時間をサーフィンに捧げ、その可能性にかけているのでしょう。

プロ1年目はプレッシャーで、なかなか良い結果が残せなかったようですが、今は乗り越えたようです。

公立の茅ヶ崎第一中学校に通っていた松田選手は、朝起きてスマホで波の高さをチェックし、波があれば朝5時起きで2時間ほどサーフィン。

そして放課後もまた、波があればサーフィンへ、という生活をしていたそうです。

休日も波次第で、地元の茅ヶ崎や湘南か、千葉まで。

近場は、サーフボードを積めるキャリア付き自転車に乗っていくのだとか。

東京オリンピックの会場が、千葉県長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸サーフィンビーチに決まってからは、そこでの練習も多くなっているそうです。

オリンピックに有利ですね!

「英語は話せるようになりたいです。他の塾は行ってないけど、英会話だけは通ってます」と話していたので、世界中を転戦して英語力も鍛えられていることでしょう。

松田詩野選手のインスタ画像?

サーファーは皆使っているというinstagramを、松田詩野選手も中1の時からやっているそう。

本当かわいいですね(*^_^*)

 

View this post on Instagram

 

Shino Matsuda 松田詩野さん(@shinomatsuda)がシェアした投稿

メイクすると大人びた感じにも。

 

View this post on Instagram

 

Shino Matsuda 松田詩野さん(@shinomatsuda)がシェアした投稿

松田詩野選手の彼氏は?

コーチは河村海沙プロ、毎日体幹トレーニングをかかさずサーフィン漬け、世界を転戦している松田詩野選手なので、恋愛はお預けかな、と思いますが…⁉

▼河村海沙プロ、イケメンコーチなんですね。

 

View this post on Instagram

 

BRISA_MARINAさん(@brisa_marina_uv)がシェアした投稿

ちなみにインタビューで

「サーファーを恋人にするのはあり?」との質問には、

「サーフィンが本業だから、スノーボーダーとか違うジャンルの人がいい(笑)」

と答えていました。

がっかりしたサーファーも多かったでしょう(笑)

飛び込み・玉井陸斗の中学や身長?腹筋スゴッ!馬淵優佳・寺内健との関係、東京五輪出場は?男子飛び込み世界選手権の日本代表選考会大会で玉井陸斗選手が史上最年少優勝!12歳のスゴイ逸材の新星が出現!玉井陸斗選手の中学・身長もわか...

松田詩野選手の性格は?

「波は、私のテンションを上げてくれます、普段は冷静なタイプなので…(笑)
波が高く、形の良い波の日はぐっとテンションが上がります!!ですが、波が小さく形が悪い時は…テンションが上がりません!(笑) 」

と本人談。意外と論理派みたいですね⁉

長所は「好きなことには集中できる」こと。
短所は「朝に弱い(夕方練習が好き)」ことだそうです。

同じだ~と勝手に喜んだりして(笑)。

松田詩野選手でも、暑い夏や寒い冬に海に入るのはつらいそう。
でもサーフィンが大好きだから我慢でき、忍耐力がついたと語っています。

松田詩野選手の尊敬する人=スケートとテニスの…⁉

サーファーでは、タティアナ・ウェストンウェブを尊敬しているそうです。

ハワイ出身で、2018年ブラジル移籍し、東京オリンピック出場予定のブロンド美人。

タティアナ選手のサーフィンスタイルが好きで、グーフィー(右足を前にしてボードに立つスタイル)が一緒で参考になるそうです。

Youtubeやインスタグラムで、彼女のように上手い選手の動画をよく見るのだとか。

「サーファー以外だと、羽生結弦や、錦織圭とか。彼らはメンタル面が凄いと思う」とも。

好きなセレブは、ミランダ・カーだそう。

とってもメジャー派な感じがします(笑)

松田詩野選手の得意技は?

「カービング」といって「パワーゾーンに戻りたい時に使う、波のフェイスを削る技」が得意だそうです。

決まったときは本当に気持ちがいいそうですよ。

試合前には、優勝する自分を想像するそうです。

自分のサーフィンが出来て、勝ち上がって行く良いイメージを頭に描いて海に入るのだとか。

試合が始まってからは、「練習して来たから大丈夫!」と自分に言い聞かせて波に向き合い、イメージトレーニングをしているようです。

松田選手にとっては海が仕事場なわけですが、

「小さな頃から遊んでいた場所。それは、今でも変わらなくてプロサーファーになっても遊ぶ場所という感覚」

「同じ波が来ることはない。それが楽しい。」

とサーフィンの魅力を語っています。本当に海&サーフィンを愛してるんですね。

 

View this post on Instagram

 

Shino Matsuda 松田詩野さん(@shinomatsuda)がシェアした投稿

松田詩野選手のライバルは?

華々しい戦績を重ねてきた松田詩野選手ですが、ライバルは多そうです。

一番最近の大会、2019年4/18-20南アフリカ開催の WSL Women’sQS1000「Nelson Mandela Bay Surf Pro」では、

優勝の野中美波選手、2位の西元ジュリ選手、3位の橋本恋選手に続いて4位。

昨年の2018 ISA World Junior Surfing Championship U16では準優勝、優勝は中塩佳那選手、3位が脇田紗良選手。

U18部門では川合美乃里選手が優勝、準優勝・3位は先ほども名前があがった西元ジュリ選手と野中美波選手。

ほかにも大村奈央選手、野呂玲花選手など…

サーフィン女子、強豪がたくさんひしめいているんですね💦

松田詩野選手には、ガンバってほしいですね!

松田詩野選手の夢は?

2020年東京オリンピックで初めて、正式種目としてサーフィンが選ばれたことで、

「このオリンピックをきっかけに、競技サーフィンの魅力が多くの人に伝わればいいなと思います。

そのためにもサーフィン日本代表として2020年東京オリンピックに出場したいです! 」

と語る松田選手、

「オリンピック選手になって地元でパレードしたい!! 」そうです。

「試合で結果が出なくて辛い時がありますが「好きなサーフィンで活躍したい!」という気持ちで自分を奮い立たせます。

でも、サーフィン練習やトレーニングが毎日続くと、たまに遊びたいな〜と(こっそり)思っています(笑)」

なんて高校生らしいかわいらしい一面も。そりゃそうですよね。

「日本の波には慣れていてやり易いけど、海外だと相手もうまいし、自分のやりたいようにできない。海外でも自分のサーフィンが出来るようになりたいんです。

海外は波のパワーが強いので、そこに耐えられる筋力とサーフスキルが欲しい。

今はパーソナルトレーニングで体を大きくするというよりは、体の使い方やコアマッスルを鍛えるようなトレーニングをしています。もっと練習と経験を積んで行きたいです。」

と課題もあるようですが、

「どんな波でもうまく乗りこなせて、世界中のサーフィン選手から憧れられるようなアスリートになりたいです。

女性としては、思いやりがあってオーラのある素敵な人になりたい」

とのこと。素晴らしいですね!

具体的には、「まずジュニアの世界タイトルを獲る」「オリンピックに出る」

将来はCT(チャンピオンシップツアー)でワールドチャンピオンになりたいという夢もあるそうですよ。

まとめ

いかがでしたか?

オリンピックの先まで見据えている松田詩野選手、1つ1つ夢を叶えてほしいですね!

トップサーファーだと、契約金1億円以上にもなるそうですし。

オリンピック出場はかなり激しい争いになりますが、若いパワーで栄冠を勝ち取ってほしいです。

ガンバレ! 松田詩野選手!! 応援してます\(^o^)/