TV・芸能

岩井志麻子経歴!韓国差別発言⁉動画・状況?ヒョウ画像?過激名言⁉

関西テレビバラエティー『胸いっぱいサミット!』で作家岩井志麻子の「韓国人気質=手首切るブスみたいなもの」が差別発言とニュースに。関西テレビは取材。どんな状況 ?動画あり。プロフィールは?どんな人?話題のヒョウ画像も!過去の過激問題発言⁉エピソード?

韓国人気質「手首切るブスみたいなもの」状況?動画!

関西テレビは謝罪

関西テレビ(大阪市)のバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」で、作家の岩井志麻子氏が韓国人の気質について「手首切るブスみたいなもの」とリストカットする女性にたとえる発言をしていたことが、差別発言として問題になっています。

関西テレビは、「この表現をそのまま放送したことは適切な判断ではなかったと考えています」と謝罪しました。

放送前は「差別的な意図はない」と判断し、編集でカットはせず、放送後に意見を受けて社内で協議したといいます。その結果、

「多様な感じ方をされる視聴者の皆さまへの配慮が足りず、心情を傷つけてしまう可能性がある表現であり、そのまま放送するというのは誤りだった」

との結論に至ったそうです。

さらに「視聴者の皆さまへ申し訳なく思い、反省し、今後は多様な皆さまへの人権の配慮といった放送の価値を重んじられる番組作りをしていきたい」

今後も番組は継続するそうですが、放送内でこの問題に触れるか否かは

「対応は決まっておりません」

とのことでした。

『胸いっぱいサミット!』放送の状況

発言があったのは、5月18日の放送。

生放送ではなく収録で、編集でカットされず、そのままの放送となってしまったようです。
慰安婦問題に絡んで2月に上皇さま(当時は天皇陛下)に謝罪を求めた韓国国会の文喜相(ムンヒサン)議長をめぐる議論のなかで、
進行役の漫才コンビ・ハイヒールのリンゴさんから
「岩井さんは、ご主人が韓国の方ということで、韓国人気質というものは分かっている?」
と問われ、岩井氏は
「この間も言いましたけど、とにかく『手首切るブス』みたいなもんなんですよ。手首を切るブスという風に考えておけば、だいたい片付くんですよ」。
スタジオで笑いが起きたのだとか。
さらに
「(韓国が)『来てくれなきゃ死んじゃうから、死んだらあんたのせいだから』って言って、中国とか北朝鮮は『死ねば』と言っちゃうけど、日本は『そんなこと言うなよ、お前のこと好きなんや』」
と述べ、その後の発言は効果音で消されていたそうです。
番組冒頭で岩井氏は
「今日はなんでも言っていい日なんですよね、収録だから」
と発言。
というような状況だったようです。

メディアエンターテイメント論・影山貴彦教授のコメントは?

影山貴彦・同志社女子大教授(メディアエンターテインメント論)は
「しゃべり手の責任がゼロとは言わないが、責任が重いのは編集せずに放送した関西テレビだ。バラエティーだから許されるだろう、といったダブルスタンダードもいい加減やめるべきで、作り手が鈍感すぎると思う。
放送業界全体の問題として、対岸の火事ではなく、他山の石として考えてほしい。
読売テレビの問題があったすぐの放送で、差別的な内容の放送が続いたことが怒りを通り越して、悲しい。
読売テレビの問題のあと、その他の放送局が自分の番組を検証したケースはほとんど見られなかった。
きちんと検証し、隠さずにつまびらかにすることで、メディアがいい方向に向かっていくことになるはずだ」
と話しています。
「この間も言いましたけど」と岩井さんは言っていて、特別この時だけの発言ではないようにも思います。
岩井志麻子さんとはどのような方なのでしょうか?

岩井志麻子プロフィールは?

岩井 志麻子
(いわい しまこ)
ペンネーム竹内志麻子
岡山桃子
誕生竹内 志麻子
1964年12月5日(54歳)
岡山県和気郡和気町
職業小説家、タレント、AV監督
国籍日本
活動期間1986年 –
ジャンルホラー、恋愛小説、少女小説
代表作『ぼっけえ、きょうてえ』(1999年)
主な受賞歴日本ホラー小説大賞(1999年)
山本周五郎賞(2000年)
婦人公論文芸賞(2002年)
島清恋愛文学賞(2002年)
デビュー作『夢みるうさぎとポリスボーイ』(1986年)
身長 160cm
血液型 A型
2009年6月よりホリプロ所属
『5時に夢中!』(東京MXテレビ)の木曜レギュラーコメンテーター。
公式プロフィールのHPが広告だけだったり、ただ者ではないな、という感じはします💦!?

岩井志麻子ってどんな人?

自称・岡山の黒アワビ

岩井さんには、2歳下に誕生日が1日違いの妹がいるそうです。

志麻子という名前の由来は、父親が岩下志麻のファンだったからだそうです。

1982年、高校在学中に第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選。

岡山県立和気閑谷高等学校商業科を卒業しています。

すでに高校生の頃から作家としての才能が開花されていたんですね。

1986年、少女小説『夢みるうさぎとポリスボーイ』で作家デビュー(この時は本名の竹内志麻子名義)。

1988年、岡山県で最初の結婚。

相手は熱心なファンで、代々続く地元企業の社長。のちに娘と息子を出産しています。

1999年、岡山桃子名義で投稿した『ぼっけえ、きょうてえ』で第6回日本ホラー小説大賞を受賞。

これを機に離婚し、単身上京。

離婚届提出時に「名義の書換が面倒くさい」という理由で、旧姓の竹井に戻さず、岩井志麻子のままとなっているそうです。

2000年、『ぼっけえ、きょうてえ』で第13回山本周五郎賞を受賞。

2002年、『岡山女』で第124回直木賞候補に。

同年には、『trái cây〔チャイ・コイ〕』で第2回婦人公論文芸賞、『自由戀愛』で第9回島清恋愛文学賞を受賞。

2000年4月から「KSBスーパーJチャンネル」(瀬戸内海放送)の金曜コメンテーター(番組紹介ではレギュラーゲスト)。

2005年秋季まで、『2時ワクッ!』(関西テレビ)に木曜レギュラーとして出演。

2005年4月から『5時に夢中』(東京MX)の木曜コメンテーターを中瀬ゆかりさんと務めています。

出演は2019年現在も続いており、レギュラー出演者中最長。

2007年春から、テレビ朝日系クイズバラエティ『すくいず!』「世界ビックリ映像クイズ」(土田晃之MC担当回)の解答者。

2008年3月27日、ソウルのカラオケボックスでボーイをしていた18歳年下の韓国人と再婚したことを、『5時に夢中!』放送中に発表。

同年3月に日本で、4月に韓国で婚姻届を提出。

2010年12月にタイ・バンコクで挙式しています。

旦那さんが韓国の方なので、岩井志麻子が韓国という国や韓国人という民族に対して差別とか、そういうことはないのでは、とは思えますね。

身内だから余計、悪くひどく言っても平気、みたいな感覚なのかもしれません。

今回のTV発言も、おもしろいたとえで場を盛り上げるためだったのだろうという想像はつきますが、いろんな意味に受け取れる過激な発言なのは確かで、問題となりました。

岩井志麻子の過去の過激問題発言・エピソード⁉

「この間も言いましたけど、とにかく『手首切るブス』みたいなもんなんですよ。手首を切るブスという風に考えておけば、だいたい片付くんですよ」と、今回の発言も初めてではないことがわかりますが…(^^;

ファンからは「名言」と呼ばれていますが、Wikipediaだけ見ても、かなりイロんな発言されているのがわかります。

・過去に竹内志麻子名義で執筆活動をしていたことについて

「竹内志麻子時代のことに触れることは川島なお美の『お笑いマンガ道場』出演時代のことに触れるようなもの」

・集英社のコバルト文庫レーベルでジュニア小説(今で言うライトノベル)を執筆していたが、全く売れず、ホラー小説を執筆したことでテレビにも出演できる様になったことを

「少女よりも妖怪との波長の方が合っていた」

「私の小説はライトノベルではなく、『ヘビーノベル』である」

・離婚後に上京する際、春彦(大藪春彦に由来)と名づけた愛用の散弾銃を携えており、現在でも東京都公安委員会の許可を得て所持。

・幾度となく「岡山県への郷土愛」を5時に夢中!で披露。

「岡山県の男性はヤギとやる」

「岡山県は未だに夜●いしている」

「岡山県では揉め事も日本酒の一升瓶で片が付く」

「岡山県は村の人全員が親戚」

・西原理恵子の漫画では、「しまん子ちゃん」という、ほうれい線ならぬ「フェ●皺」を描かれた姿でしばしば登場し、男性に無理やり襲い掛かるキャラクターとして描かれている。

created by Rinker
¥1,320
(2019/11/20 22:05:06時点 Amazon調べ-詳細)

・『新潮45』連載の『どスケベ三都物語』(『美男の国へ』の題で単行本化)などでも私生活を暴露している。そのためか娘とは疎遠になっている。

・各種の座談会、週刊誌の取材で
「日本人よりも韓国人の男性と付き合った数の方が多い」と公言。

「唐辛子を沢山食べているせいなのか、韓国人男性の精液は辛い」

「韓国は徴兵制があるので常に体位は男性上位の正常位であり、『抗日ピストン運動』をしている。

「日本人男性のように騎乗位など女性上位の体位は無い。」

・韓国俳優のイ・ジュンギのファンであることを公言。
「オナニーのオカズにしまくった」とも。

・オ●ニーは幼稚園児のとき以来毎日欠かさず行っており、「S●Xとは別腹」と公言している。

・18歳年下の韓国人夫の母親とは同い年。

・一時期韓国人の夫が家に帰らなくなった頃、韓国で出会った「キンちゃん」を愛人にした。

・ホーチミン市には小説のモデルにもなった長年の愛人がおり、これを「枕外交」「夜の大東亜共栄圏」、自身も「夜の外交官」と称している。

・愛犬の名前は「竹島」で、携帯電話の着信音を「君が代」に設定しているとのこと。

・本田医師と対談した後、膣内の壁を盛り上げることで、感度をより高めるG-Shotという施術を行った。

・処女喪失はとある焼肉店の2階とのこと。

前々から、かなり奔放なキャラだったのですね。

まとめ

岩井志麻子さん、とても自由でユニークな方なのは確かですね。

ただ公共の場になると、すっごくオモシロい!と思う人と、眉間にしわ寄せて受け付けない人の差が激しそうではあります。

芸人の方もそうですが、目を引く面白さを求められながら、ちょっとずれると叩かれるので、テレビに出る方は大変な時代かとも思いますが。

関西テレビは謝罪しましたが、今後の岩井志麻子さんの動向も注目されます。