TV・芸能

女子生徒連れ去り犯人学校・新島学園は管理職不祥事も!?布袋寅泰母校!

6月25日群馬県高崎市で女子生徒拉致監禁事件が発生。犯人は新島(にいじま)学園内田慎也(27)担任の数学教師。事件概要?新島学園はどんな学校?地元名門校・卒業生にミュージシャン布袋寅泰も!内田容疑者が新島学園採用の経緯?予兆は前から・担任資質なし公然?学校PCに大量わいせつ動画保存で今春退任の管理職も⁉

群馬県高崎市女子生徒拉致監禁事件概要

6月25日、群馬県の私立新島(にいじま)学園中学校に通う中学2年の女子生徒が、自宅から消息不明に。

13時過ぎに帰宅した母親が

「留守番しているはずの娘がいない。家の中が荒らされている」

と110番通報。

室内は窓ガラスや鍵は壊されていなかったものの、扇風機が倒されるなど争った形跡が残っていたといいます。

警察は防犯カメラの映像などから容疑者の車を特定。

約90人態勢で緊急配備を敷き、ヘリコプターやパトカーを動員して車を追跡し、車輛は高崎市内の観音山ファミリーパーク近くの山林で発見されたそうです。

「後部座席に容疑者と少女がいたため、捜査員がガラスを割ってドアを開け、少女を保護。容疑者は自分の腹部に包丁を突き立てていましたが、捜査員が取り押さえました。

車内にはスタンガンが残されており、少女の右首には傷跡が二カ所あり、両目は内出血している状態でした」(捜査関係者)

                              <週刊文春Web>

事件はわずか約三時間でスピード解決しましたが、容疑者の内田慎也(27)は、新島学園中学の数学教師であり、被害者の担任だったことが判明。

<https://search.yahoo.co.jp>

この日は期末試験期間中で、内田は体調不良を理由に休みをとっており、被害者が午前中で帰宅することを知ったうえで、自宅近くで待ち伏せて犯行に及んでいた。(県警担当者)

スタンガンで襲いかかったものの、抵抗されたため強引に連れ去っており、発見時、被害者は靴を履いていない状態でした。

内田容疑者は被害生徒に対し、

「好意があった」

「わいせつ目的だった」

「期末試験が終わり、長い夏休みに入ると女生徒に会えなくなる。そのことに耐えられなかった」

などと供述しています。

本来生徒を守るべき立場の担任教師による「わいせつ目的略取」「住居侵入」「監禁致傷」の事件というショッキングな事実が判明し、教育現場のモラルが問われています。

内田慎也母親逮捕謝罪・父親も複数逮捕歴?児童福祉法違反で同じ轍⁉6月25日群馬県高崎市で女子生徒(中学生)連れ去り(拉致監禁)事件発生。犯人は新島学園の担任で数学教師の内田慎也容疑者。母親が逮捕を謝罪・破産も!内田慎也の成育歴は?兄弟は妹3人!?妹思い?父親も複数逮捕歴?児童福祉法違反⁉教員採用後も母・祖母と交流!プレッシャーとロリコン性癖で父親と同じ轍⁉...

新島学園はどんな学校?


場所 群馬県安中市安中3702

[電話]027-381-0240
[校長]市川 平治
[設立]1947年(2000年より完全中高一貫制に移行)
[人数]1学年 約205名(6クラス)
タイプ私立中高一貫校(完全型)
共学別学男女共学
大学内部進学なし
なし
宗教プロテスタント系
                    <新島学園HPより>

新島学園の特徴として以下が挙げられるようです。

・地元名士の子息・子女や卒業生の2世が多い名門私立中学校。

・明治六大教育家・新島襄(同志社大学創立)に師事した地元の実業家が、一九四七年に開校。

・新島襄の生き方やキリスト教精神を伝えるために創立。

・伝統校の色合いが強かったが、2007年頃から「慣習的なしきたり」の廃止や改変が進んでいる。

・プロテスタント系大学への推薦枠が多い(近年では難関大学への一般受験者も増)

・毎朝の礼拝と、週1回「キリスト教」の授業科目がある。

・充実した設備(図書館、メディアルーム、天文台など)

・OBや保護者を含めてファミリーと呼び、結束が固く、卒業後のつながりも強い。

偏差値は中学校49、高校52~3のようです。

出身有名人には、ミュージシャンの布袋寅泰さんや、五十嵐美紀(元マラソン選手)、三宅豊(ソフトボール選手)、小島伸幸(元プロサッカー選手)、小野寺恵介(バスケットボール選手)など、スポーツ選手も多いです。※高校のみの卒業かもしれませんことを、ご了承願います。

施設も天文台まであり整っていて綺麗ですし、地元でも格式高い名門校で知られる、いわゆるお坊ちゃん、お嬢様学校だそうです。

【遺体】両足切断女性・平楓吹顔画像!夫・聖也と新築ライフ仲良き夫婦殺人理由?2019年6月27日平塚海岸両足切断女性遺体の身元判明・平楓吹(ふぶき・26)!顔画像!犯人は夫の平聖也(26)・経歴は?ニュース動画,...

内田容疑者の新島学園採用の経緯

地元の小中学校⇒私立高校⇒一浪後に群馬大学教育学部に進学した内田容疑者は、大学の数学専攻のゼミ教授を通して、新島学園への採用が決まったようです。

その担当教授は、

「ごく平均的な学生という印象しかない」

「結果的に彼は公立の教職員採用試験に落ちた後、新島学園に採用が決まったと記憶しています。

彼の個人的な繋がりではなく、新島学園側から私のところに打診があり、それを彼に伝えて応募した形でした」

と証言しています。

内田容疑者の父親は離婚していますが、ヤクザがらみで、複数の逮捕歴がある問題人物と報道されています。

母と3人の妹と同居していた内田容疑者は、母方の祖父が中学の社会科教師だった影響で、「お祖父ちゃんのような先生になる」と教員志望を志すようになったのだとか。

2016年4月、内田容疑者は新島学園の非常勤講師となり、昨年から担任を受け持つ専任講師に昇格。

硬式テニス部の顧問も務めていたといいます。

「いつも入念に授業準備をやるなど、とにかく生真面目で、余裕のなさは周囲も感じていました。

私も気になって『一人で抱え込むんじゃないよ』と声を掛けたりしていたのですが、彼に響いている様子がなかった。

熱心さゆえ、自分の数学の授業についてこれない生徒に、きつい言葉が出ることもあったようです」(同僚教師)

【画像】平せいやとふぶきは同級生!大学(国立)は?妻の平姓に改名も殺人影響?2019年6月27日平塚海岸両足切断女性遺体・平ふぶきの殺人犯人は夫の平せいや(26)!犯行動機「他人を見るような目」「上から目線」?経...

予兆は前から? 担任資質なしは公然⁉

最近の内田容疑者の生活は、毎朝7時20分頃、黒のフィットに乗って学校に向かい、十九時半頃に帰宅するというルーティンだったといいます。

「内田は今回の期末試験の問題を作るはずだったのですが、数学科が集まる会議にも姿を見せず、五日前から休んでいた。

同僚の教員が訝(いぶか)しがっていたところに事件が起こり、当日に行なわれた保護者説明会では、内田に燻ぶっていた“疑惑”が次々と明らかになったのです」(学校関係者)

今回の事件に関する新島学園の説明会に参加した保護者は、

「まず校長から内田氏について『女子生徒の胸を触った』『女子生徒の更衣室の扉を突然開けてのぞいた』といった問題が保護者から指摘されていたとの報告があった。

いずれも本人の『誤解だった』という弁明で不問に付したということでしたが、今となってはその判断が正しかったのか大いに疑問です」

とも。

平せいや仕事辞め借金返済に結婚資金・妻クレカ使用!自宅片足は何のため?平塚両足切断遺体事件の平聖也(たいらせいや)容疑者が出頭⇒送検。仕事(会社・勤務先)を辞めていた?妻・楓吹(ふぶき)さんクレジットカード...

説明会では、ある保護者が

「担任だった内田先生の暴言で自分の子供が不登校になってしまった。

その時に解任を強く求めるべきだった」

と他の保護者に謝罪する一幕もあったという。

「驚いたのは学年主任の先生が『(内田には)担任の資質がなかった』と断言したことです。

『内田氏には昨年から複数の問題があり、中二の担任に持ち上がる時に管理職にも伝えた』と発言したため、会場は騒然となりました」(前出・保護者)

そのロリコン教師・内田容疑者を放置した学校側にも問題があると、説明会では保護者の怒りが噴出。

これに対し教頭は

授業の進め方、実務が真面目だったので、彼を教育する意味でもそのまま担任を任せた」と弁明。

校長は内田氏の過去の問題について「誰でも間違いはある」と発言し、出席者の反発を買う場面もあった。

「校長には『(内田は)逮捕されたら懲戒解雇ではないのか。服務規程はどうなっているのか』という質問も飛びましたが、『服務規程をまだ読んでいない』と呆れた回答をしていた。

説明会に学校側のトップである理事長が姿を見せなかったことにも不信感を覚えました」(別の保護者)

一連の問題についての文春の取材に教頭は、

「女子生徒の更衣室を開けた件は、内田氏の嗜好から来る行為ではなく、彼への聞き取りもしたうえで『誤解だった』と認識していますし、女子生徒の胸を触ったという話も噂に過ぎないと判断しています。

保護者から話があったものの、実際に被害者本人が名乗り出てくることもなかった。

彼の本質を見抜けなかったことは大きな問題ですが、逆に学校としては、内田氏に担任を任せて許容量を超える仕事で追い詰めたのではないかとも思っています」

と答えています。

でもそんな噂が、火のない所に複数回立つかな??というのは、ちょっと疑問ですよね。

平せいや会社は薬局!5人兄弟長男!修士課程中退で妻ふぶきと格差?平塚海岸両足切断遺体は平ふぶき、犯人は夫の平せいや(26)と判明。会社は薬局!調剤事務員,前日インフルで休み。犯行は26日前後?近隣住民目撃証言平せいやの生い立ち・両親は離婚・5人兄弟長男!長岡技科大修士課程中退! ふぶきさんと格差なぜ早くに結婚?平姓に?...

新島学園管理職の不祥事も!?

週刊文春では新島学園の管理職の不祥事についても触れています。

今回の事件を契機に、“親の介護”を理由に今春退任した管理職の不祥事も話題になっている。

学校のパソコンに大量のわいせつ動画が保存されたことが問題視され、謹慎処分を受けたが、その事実は伏せられたまま、彼はひっそりと退任しているのだ。

「新島学園は保護者も含め、愛校心の強い“ファミリー”に守られてきた。

それが今回は悪い形で隠蔽体質となって現れてしまったのかもしれません」(同前)

え(;゚Д゚)!!? これサラッと書いてますが、、大問題じゃないですかね⁉

たいそう立派な教育理念や学校施設、2007年から行われているという「慣習的なしきたり」の廃止や改変に対して、今回の事件や管理職不祥事のギャップが、何だか大きすぎるように感じます。。

『内田氏には昨年から複数の問題があり、中二の担任に持ち上がる時に管理職にも伝えた』という学年主任の言葉も気になりますね。。

問題に対して面倒がって動いていない学校上層部の動向が、チラチラ伺える気もしますが。

今後の学校側の抜本改革も求められそうですね。