TV・芸能

百田尚樹ツイートの引退は新刊ごと⁉過去宣言と撤回!本物か商法か?

2019年6月12日百田尚樹氏がTwitterで新作『夏の騎士』を最後に小説家引退宣言。経歴は?Twitter発言はどんなもの?参院選出馬?心残りは?あるワードがトレンドに⁉繰り返す引退宣言と撤回・引退商法⁉それとも今回は本物?

百田尚樹プロフィールは?

百田 尚樹
(ひゃくた なおき)
Naoki Hyakuta cropped 2 Naoki Hyakuta and Kiyoaki Kawanami 20171029.jpg

沖縄県那覇市にて(2017年10月29日)
誕生1956年2月23日(63歳)
大阪府大阪市
職業放送作家
小説家
国籍日本
最終学歴同志社大学法学部中途退学
活動期間2006年 –
代表作『海賊とよばれた男』(2013年)
『カエルの楽園』(2016年)
主な受賞歴本屋大賞(2013年)
デビュー作『永遠の0』(2006年)
活動期間放送作家:
1970年代後半 –
小説家:
2006年 –

百田尚樹・小説家引退Twitter


2019年6月12日、自身のTwitterで「小説家を引退する」百田尚樹氏が宣言し、話題になっています。

一連のTweet中の下ネタ系ワードがトレンドに入るという珍現象も(;^_^A

348,900人ものフォロワーがいらっしゃる百田尚樹氏ですから、それだけ発言の影響力があるのは間違いないですね。

繰り返す引退宣言と撤回・引退商法疑惑も!?

百田尚樹氏はこれまでも、引退を発表しては撤回を何度か繰り返しており、今回の引退も一部に疑いの声が出ています。

最初の騒動は、2015年7月。

百田尚樹氏は、沖縄・普天間基地の移設問題をめぐり、政権批判を強めていた2つの地元紙を指した形で、『沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない』と発言して猛バッシングを受けました。

この非難に嫌気がさし、『アホらしくなったので、小説家を引退します』とTwitterで発表。

『Amazonの評価も組織的にひどい点数を付けられている』など、探らなくてもいいことを自ら掘り起こし、引退理由につなげていました」(芸能ライター)

翌8月には「僕を引退させたい人がそんなに沢山いるとは知らなかった。嫌がらせの意味でも絶対に引退せん!死ぬまで書く!」と撤回し、「生涯・小説家」を宣言。

ですが、翌2016年12月、

自著の映画化作品『海賊とよばれた男』の一連の宣伝キャンペーンから、ことごとく名前を消されたことに腹を立てた百田氏は、12月1日のTwitterで

『こんな仕打ちを受けるとは…。もう小説界に未練はない』

『もう小説家を辞めると決めた』

と文壇と決別を表明。

そのわずか3日後、妻に引退を宣言すると仕事場のローンを払ってから引退するように言われたと、撤回したそうです。

アンチの方からは、

百田尚樹引退するんやな。ついでにツイッターも引退してくれないかな。あの人から小説とったら何も良いところ残らないしな。

「嘘八百田でないことを願う」

そして鋭い観察⁉ このような意見も。

今回の引退宣言も俗に言う炎上、いえ引退商法ってやつなのでしょうか!? それとも今度こそは!?

百田尚樹氏が小説家として才能があることは確かですので、引退となるとその才能が惜しまれますね。

ですので、引退商法でも良いのかな?という気もしますが(笑)、今回の宣言はしっかり覚えておいて今後の動向を見ていきたいと思います^-^