TV・芸能

佐藤二朗Twitterが面白い!理由がザ・ファブル動画でわかる!

2019年5月19日情熱大陸で話題の佐藤二朗さん!130.8万フォロワーTwitterが面白い!その理由や独自Twitter論とは!? 6月21日公開映画『ザ・ファブル』必見インタビュー動画でわかる!あらすじ・キャスト・佐藤さんが一番好きなシーンもまとめました。

俳優・佐藤二朗はどんな人?

2019年5月19日情熱大陸出演でも話題の、個性派俳優・佐藤二朗さん。

5月7日に誕生日を迎えたばかりの50歳。

2018年だけでも、ドラマ「今日から俺は!!」「聖☆おにいさん」や映画「50回目のファーストキス」「銀魂2 掟は破るためにこそある」と大ヒット作に出演。

2019年も、クイズ番組「超逆境クイズバトル!! 99人の壁」で引き続きMCを務め、ハリウッド超大作「シャザム!」ではキャスト吹き替えと予告編ナレーションを担当するなど、あらゆるジャンルで大活躍中。

そして、130.8万フォロワーのTwitterが面白い!と、評判です。

その理由やTwitter観が、6月21日公開の『ザ・ファブル』スペシャルインタビューを通して見えてきますので、まずはどんな作品かを紹介します。

田口トモロヲ(ドラマ『インハンド』内閣官房副長官補・山崎役)ってどんな人?田口トモロヲ(ドラマ『インハンド』で内閣官房の副長官補・山崎裕役)のプロフィールは?代表作品は?ナレーション?嫁・息子はいる?若い頃は漫...

映画『ザ・ファブル』はどんな作品?

そんな佐藤二朗さん自身も原作ファンという映画『ザ・ファブル』。

週刊ヤングマガジンで連載中のコミックで、単行本累計部数280万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門>を受賞するなど、大人気作品です。

主題歌はなんとあの世界的な歌姫・レディー・ガガの代表曲「ボーン・ディス・ウェイ」。

“あなたの人生は そのままで素晴らしい”という強いメッセージを放つこの曲が、特殊な環境で生きるキャラクター達の生き方や作品の世界観にもぴったりなことから選ばれたそうです。

レディー・ガガが日本映画に楽曲を提供するのは、初めてなのだとか。

▼▼フォロワー130万人以上の佐藤二朗金言ツイート集第Ⅰ弾!!本人コメントも!!今すぐクリック!!▼▼

▼▼フォロワー130万人以上の佐藤二朗金言ツイート集第Ⅱ弾!!本人コメントも!!今すぐクリック!!▼▼

▼▼マメシバ好きにはたまらない!!今すぐクリック!!▼▼

映画『ザ・ファブル』あらすじは?

同名の人気コミックを映画化した作品は、どんな相手でも6秒以内に倒す伝説の殺し屋“ファブル”(岡田准一)が、

「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」というボスの指令のもと、「佐藤アキラ」という偽名を使って、普通の生活を満喫。

そこへ命を狙う裏社会の組織や、助けを求める者たちの出現で、事態は思わぬ方向へ。

ファブル/アキラはどうなるの⁉というストーリーです。

映画『ザ・ファブル』キャストは?

出演者が超豪華! 日本を代表する人気キャスト陣でかためられています。

岡田准一さんが主人公佐藤アキラ役ほか、知っている名前がずらりと並びます!

木村文乃 – ファブルの相棒・ヨウコ

佐藤浩市 – ファブルを幼い頃から指導し、プロの殺し屋に育てあげるボス

山本美月 – アキラ(ファブル)が初めて出会う一般人の女性、ミサキ

福士蒼汰 – ファブルを狙う殺し屋・フード

柳楽優弥 – ファブルと深く関わる裏社会の人間

向井理 – ファブルと深く関わる裏社会の人間・砂川

安田顕 – ファブルと深く関わる裏社会の人間・海老原

佐藤二朗 -主人公・アキラ(岡田)がアルバイトする、デザイン会社の社長・田高田

木村了 – フードの相棒・コード

井之脇海 – 真黒カンパニー若手社員・黒塩(クロ)

藤森慎吾(オリエンタルラジオ) – チャラ男の河合ユウキ

宮川大輔 – お笑い芸人”ジャッカル富岡”

南出凌嘉 – ファブルの幼少期

好井まさお – 有限会社オクトパスのデザイナー・貝沼エツジ

加藤虎ノ介 – 真黒カンパニー社員であり、砂川の部下

粟島瑞丸 – 砂川の部下役・松沢

六角精児 – ファブルとヨウコの近所のバー「buffalo」のマスター

モロ師岡 – 海老原行きつけの鉄板焼き屋「ちっち」の店長

光石研 – 真黒カンパニー会長・浜田

インハンド6話かもめのジョナサンあらすじ名言集,クイズが昔流行!?インハンド6話で悲劇のランナー野桐俊(清原翔)の愛読書として登場した『かもめのジョナサン』。どんな本?ベストセラ―・映画化?あらすじは?...

佐藤二朗は『ザ・ファブル』で田高田社長役

佐藤二朗さんは、アキラが初めてアルバイトをするデザイン会社・有限会社オクトパスの社長・田高田(たこうだ)役を演じます。

愉快で面倒見がよく、アキラを殺し屋とは知らずに即採用。

佐藤さん曰く「『酒好きのオヤジ』というところはリンクどころか全く僕と同じ」だそうです。

ロバート・デニーロの「私の芝居はリアルじゃない、トゥルース(真実)だ」という言葉を大切にしている佐藤二朗さんは、

「本当はこうかもしれないと思わせる芝居」を大切にしているといいます。

原作「ザ・ファブル」に惹かれた理由も、「殺し屋の生活がどんなものかは知らないが、本当はこうなのかもと思わせる力がすごい」ところだそうです。

本当は「海老原」という裏社会の組織「真黒カンパニー」の社長役を演じたかったそうですが。作品では安田顕さんがその役です。

佐藤二朗が一番好きなシーンは?

クリスマスパーティをタコ社長(佐藤二朗)が、ヨウコ(木村文乃)と佐藤(岡田准一)とするシーンが好きなんだそうです。

「べろべろに酔っ払って、見た目もいい加減で、田高田(たこうだ)は嫌な部分もあるかなって見てたんだけど、本当に魂が綺麗なオヤジといいますか」と佐藤二朗さんはいいます。

お酒の飲み比べをして、ヨウコは本当はものすごくお酒に強いけど、普通の女性を演じて酔ったふりで、寝ちゃいます。

そんなヨウコを田高田社長は布団に運び、自分は机で突っ伏して寝るというシーンだそうです。

ヨウコはそれを薄目で見ていて、佐藤が帰ってくるが、父親を思い出したヨウコが

「もう少しこのまま見させて。テーブルから落ちないようにずっと見てたいの」

と、ちょっと泣く感動場面なのだとか。

映画でも必見ですね!

佐藤二朗が『ザ・ファブル』×Twitter論を語る!

「田高田社長がTwitterをやっていたら?」「二朗さんにとってのTwitterとは?」「Twitter運用にあたってのアドバイスは?」が、

以下のスペシャルインタビューで語られています。

ファブルの中でツイッターをしそうな人は?

以下、佐藤二朗さんがインタビュー中で答えています。

身を隠しているわけだから、そんな怖いことやっちゃいけないわけだけど、ヨウコは、面白いからやっちゃえーみたいな感じで、やってそうな気がしますねぇ。

男友達が、でろっでろに酔っ払った姿を、Instagramにあげちゃうとか。

そういう逆にリスクをエンジョイする、というような所が、ヨウコにはあるような気がしております!

田高田社長がツイッターをやっていたら?

僕はよく…本当にこれは嫁からも注意され、反省をしているところでございますけれども、お酒を飲んでいい気分になっちゃって、ちょっとこっぱずかしいツイートをするとか、

熱いツイート、まぁそれも、こっぱずかしいってことですね。

ちょっとよさげなことをつぶやいて、次の日に大後悔をする。

ということが、多いんですけれども、田高田も酒好きでありますが故に、そういうツイートをしちゃうんじゃないでしょうかねぇ。

でも田高田はもしかして、翌日にあんまり反省しないかもしれない。

「もうこれはこれでいいんじゃないの?」っていう、そういう非常にポジティブシンキングなところがありますね。

佐藤二朗にとってのツイッターとは?

書く欲求というのがどうしてもあって、この書く欲求を満たすツールの一つとして考えてもいいじゃないかと。

140字だけど皆さんの目に触れるし。

と思って書きだしたら非常にありがたいことにフォロワーの方が、あれよあれよという感じでなんですね。

本当に一言で言うならば、書く欲求を満たすためのツールなんですね。

ツイッターするにあたってのアドバイスとは?

僕からアドバイスすることはできませんよ。

僕が色々と教えてほしいぐらいですよ。

よく、何ですか、最近覚えたんですけれども、バグるって言うの?

バズるかぁ~もう完全に覚えきれていなかったね。

どう書けばバズるのかとか、人がたくさん見るのか、ということを考えないことじゃないですか。

僕はそういうこと考えてないから、本当に。

すごいバズった時に、

「いいねの数に溺れるなよぉ」みたいなコメントがあったんですけど、

申し訳ないけど、僕ガラケーで、いいねの数がわからないんですよ。

だから、書きたいものを書いてるんですよ。

だから、書きたいものを書けばいいんですよ。

佐藤二朗さんのTwitterが面白い理由、なるほどーという感じですね!

▼▼フォロワー130万人以上の佐藤二朗金言ツイート集第Ⅰ弾!!本人コメントも!!今すぐクリック!!▼▼

▼▼フォロワー130万人以上の佐藤二朗金言ツイート集第Ⅱ弾!!本人コメントも!!今すぐクリック!!▼▼

▼▼マメシバ好きにはたまらない!!今すぐクリック!!▼▼

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ねらっていないことが、佐藤二朗さんのTwitterが面白い理由なんですね。

映画「ザ・ファブル」は6月21日(金)全国公開。

こちらで、佐藤二朗さんがどうタコ社長こと田高田を演じているのか、見物です!