グルメ

湖池屋【じゃがいも心地】が「うまい」と評判! 値段、カロリー、コンビニで買える?

湖池屋の『じゃがいも心地』が、あまりの人気の高さに、通年販売に!『じゃがいも心地』の発売日?人気?種類は?味は何種類何味?値段は?「うまい!」「美味しい!」の実際の口コミやどこで買えるか?量、なぜ人気?パッケージのこだわり、産地まで調べました。

『じゃがいも心地』発売日

2018年9月から、最初は秋冬限定で売られていました。
その前も季節限定では販売はされていて、一定の需要はあったそうです。

あまりにも大人気で、2019年3月11日(月)から、ファン待望の通年販売に。
1年中買えるようになりました!

当初は売り切れも続出だったようですが、販売体制が整って良かったです!

『じゃがいも心地』の人気はどれくらい?

発売開始後10日間で月間の売上目標を上回り、
発売4ヶ月で予定していた売上目標の約2.3倍に達したそうです。

スゴイ人気ですね!

『じゃがいも心地』の種類は?

2018年9月~
「じゃがいも心地 オホーツクの塩と岩塩の合わせ塩味」と
「じゃがいも心地 じゃがいもの味を深める香り立ち醤油味」が、
2018年12月~
「じゃがいも心地 富良野産生乳の絶妙バター」が発売されています。

『じゃがいも心地』の味は?

塩味
■「じゃがいも心地 オホーツクの塩と岩塩の合わせ塩味」

じゃがいも本来の味を引きたてるキリッとひきしめ役の「岩塩」と、コトコト直火焼きのまろやかな「オホーツクの塩」の2種をほどよくブレンド。

噛むほどに、じゃがいもワールドが口の中で炸裂、その味わいを堪能できます!

醤油味
■「じゃがいも心地 じゃがいもの味を深める香り立ち醤油味」

醤油の香りと風味がたまらない! プーんと香る醤油がじゃがいもの甘みを引き出し、隠し味ながらも、最後までその風味があとをひきます。

バター味
■「じゃがいも心地 富良野産生乳の絶妙バター」

やっぱり国産のじゃがいもには、国産のバター!風味豊かな富良野産生乳のバターに、なんと隠し味は味噌!深いコクがプラス。

ブラックペッパーで後味良く、バターというのにいくらでも食べられちゃう美味しさ!

『じゃがいも心地』の値段は?

希望小売価格は税抜き120円前後。
オープン価格

『じゃがいも心地』の口コミが「うまい!」「美味しい!」と大評判!

「今までで一番」「史上最高」と、SNSでは「うまい!」「美味しい!」の絶賛の嵐が巻き起こってます。

「袋を開けると普通のポテチより厚めで見るからに美味しそう!
バターの香りがフワッとします。 味も甘めでサクサクっとしていてもう止まりません笑
半分のつもりが気付けばペロリでした。 次からはじゃがいも心地ばっか食べちゃうかも笑」
<もぐナビ>

ほかにも

「1枚1枚、野菜の味が濃い」

「ザクッという食感のあと、口に広がるじゃがいも感がスゴイ」

「ぶ厚くて、満足感がハンパない」

「噛んでると、じゃがいものホクホク感も出てくる」

など、皆さん絶賛されてます。

あんころんも書いてて、あー、また食べたくなってきました~。

『じゃがいも心地』はどこで買える?

ダイソーでも買える?

全国のコンビニ、スーパーで買えます。

ドラッグストアやダイソーでも取り扱っているところがあるようです。

ネットでも買える?

amazon、楽天、Yahoo! でも買えますよ!

▼☟今すぐクリック!!じゃがいも心地 オホーツクの塩と岩塩の合わせ塩味☟▼

▼☟今すぐクリック!!じゃがいも心地 じゃがいもの味を深める香り立ち醤油味▼

▼☟今すぐクリック!!じゃがいも心地 富良野産生乳の絶妙バター☟▼

湖池屋 じゃがいも心地 富良野生乳絶妙バター 58g×12入

『じゃがいも心地』気になるカロリーは?量は?

栄養成分 (1袋58g当たり)

内容量カロリーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
58g315kcal3.5g18.6g33.5g0.7g

そんなにたくさんは入ってないので、すぐ食べきってしまうのが悩みですよね。

でも1コ1コの満足感が本当におっきいから、許しちゃいます!

【令和】限定スイーツ続々発売!マカロン、バームクーヘンからコンビニスイーツまで新元号【令和】へのバトンタッチに向け、平成最後の日々もカウントダウン入りました。そんな中、目をひく、おいしそ~でおめでたーい【令和】限定...

『じゃがいも心地』はなんでこんなに人気?

「油で揚げたお菓子」としてはなく、「野菜としての芋のおいしさを楽しめる食べ物」として売り出したことが勝因のようです。

本来なら、健康のために「ポテトチップスはちょっと…」と敬遠する40~50代
の新たな客層を獲得できたことが大きかったみたいですね。

確かに!あんころんもポテチは興味それほどないのですが、『じゃがいも心地』はどうしても食べてみたくなりました。

『じゃがいも心地』パッケージにもこだわり

塩味は、食欲減退色で通常は敬遠される「青色のパッケージ」をあえて取り入れ、
他と差別化、目立つようにしてあるそうです。

一列にチップスがドーンと積み上げられた写真は、その分厚さを伝えるためとのこと。
カジノのチップみたい? 何枚積めるかやってみようかしら。

『じゃがいも心地の』じゃがいもはどこの産地のもの?

パッケージにもありますが、北海道じゃがいも100%。

湖池屋ではすべての商品に、国内産のじゃがいも100%使用してるんですね。
なんと信頼できる!

じゃがいもの収穫は桜前線と同じように、産地が日本列島を北上するそうです。

収穫時期にあわせて、5月末頃から九州で収穫されたじゃがいもの使用が始まり⇒
関東へと北上⇒9月頃からは北海道で収穫されたじゃがいもを使用しているそうです。

生産地詳細は消費者問い合わせ先に

手元の製品の正確な産地につきましては、お客様センターまで問い合わせてください、とのことです。

【読者からのお問い合わせ先】
株式会社湖池屋 お客様センター
Tel.0120-941-751
受付:月~金9:00~17:00
(祝日除く)

原材料・アレルギー情報

栄養成分
馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油(ごまを含む)、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、砂糖、ぶどう糖、食塩、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、焙煎米粉、香辛料、オリゴ糖、デキストリン/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香料(小麦・大豆・りんご由来)、香辛料抽出物、酸味料、甘味料(ステビア、カンゾウ)

アレルギー情報
製品中の特定原材料:小麦
製品中の特定原材料に準ずるもの:ごま、大豆、りんご
ラインで使用がある特定原材料:卵、乳、えび、かに

まとめ

『じゃがいも心地』、調べるほどに、製造者の湖池屋のこだわりが本当ハンパないです。
そりや美味しいわけだ。あー食べたい~が止まりません。

「今まで一番美味しい」「チップス史上最高」の呼び声も高い『じゃがいも心地』、
初めて食べた時は、あんころんの中でも『ポテトチップス革命』が勃発しました!(^^)!

その「分厚さ」と「ホクホクじゃがいも」の食感を是非ご自身で味わってみてください!