TV・芸能

樹木名字ランキング?松・杉・柳の名字由来は?樫・楠・漆・桧も!

2019年7月11日NHK「日本人のおなまえっ」樹木名字ランキングベスト10?樹木名字の由来は?杉は生活と食卓に革命⁉柳が命を救う⁉楠・漆・桧は?樫は独立運動を支えた?松は生活を支えたスーパーマルチ樹木?松のつく名字ランキング?松明?松炭?防砂林・防風林に使用⁉

樹木のつく名字ランキングベスト10は?

2019年7月11日NHK「日本人のおなまえっ」で「樹木」のつく名字の特集をしていました!

ランキングベスト10は?

1位 松 松本、松田、松井など

2位 藤 藤田、藤井、藤本など

3位 杉 杉山、杉本、杉原など

4位 柳 柳沢、青柳、柳田など

5位 栗 栗原、栗田、栗山など

6位 梅 梅田、梅沢、梅原など

7位 桑 桑原、桑田、桑野など

8位 梶 梶原、梶田、梶など

9位 桐 片桐、桐山、桐生など

10位 楠 楠本、楠、楠田など

たくさんの人が名字につけているのは、何かしら重要で、その恩恵を受けている感謝の証でもあるそうです。

その名前の由来をみていきましょう!

3位 杉の名字由来! 杉の〇が生活と食卓に大革命⁉

和歌山県熊野地方では杉の桶が作られていますが、これが当時の生活に大革命を起こしました。

日本人の生活に大革命⁉

室町時代以前、容器はつぼやかめという陶器でしたが、これに水を入れて持ち上げると非常~に重い💦

その弱点を一挙に解決したのが「杉の桶」だったのです!

杉はまっ直(す)ぐに伸びる木という特徴から、「すぎ」と呼ばれるようになったそうです。

そのまっすぐな特性から

・水が漏れない!(桶づくりにおいて貼り合わせてもピタッと密着し、隙間なく仕上がる)

・軽い!

という夢の容器だったのです☆

日本人の食卓にも革命!

そして「杉の桶」のおかげで様々な発酵食品が美味しく仕上がり、日本人の食卓に革命をもたらしました!

「杉の桶」の中で酵母菌はまろやかさを増し、複雑な深みのある味に仕上がります。

醤油・日本酒・味噌・漬物・梅干し…皆、杉桶で作られてきたものです。

また、かば焼きは醤油と日本酒を、すしは醤油を使います。

そして、ご飯を入れるおひつも杉、割ばしもまっすぐに割れる杉の特性を利用しています。

家の建材や船の材料など幅広く使えることも名字になった理由の1つと考えられているそうです。

4位 柳のつく名字由来! 日本人の命を救う実用的な一大改革!?

その命を救ってきた柳は、私達が「柳」と言って想像するあのゆら~~っとした垂れさがる柳ではなく、上に向かって生える「小さい柳」=「カワヤナギ」だといいます。

これは生活を守るため、土を盛った堤で水に対抗するために使われてきたのだとか。

アカマツなどは根っこが☟に向かって縦に伸びますが、「カワヤナギ」の根っこはヒゲ状に横に伸びることで非常に抜けにくくしっかり根ざしています。

そのため洪水でも、大量の根っこで堤の土を守ってくれるのです!

武田信玄のあの信玄堤にも使われていました。

矢作川に柳を使った伝統工法「柳技工」の工程では、柳の苗を植えこんで土台を作ります。

そのおかげで1959年の伊勢湾台風や2000年の東海豪雨の時も、その川堤の強さを発揮したそうです。

柳は「命を守る木」「幸せを運ぶ木」だったのです!

柳沢・青柳・柳田・小柳・柳・高柳・柳原・柳川・柳瀬

など…これらの柳のつく名字の共通点は⁉

水に関係しており、柳山はあまりいないのだとか。

楠・漆・桧のつく名字由来は?!

楠(くす)は樟脳に使われ、クスノキに大量に含まれる防虫効果があります。

独特のにおいがしますよね。

漆(うるし)はご存知、漆の樹脂から水や熱、酸やアルカリに強い漆器に使われてきました。

桧(ひのき)は、法隆寺や伊勢神宮の建築にも使用されています。

これら重要な木材でありがたい木だから名字につきました!

樫の名字由来? 日本の独立運動を支えた木?!

鎌倉時代、土地を持たなかった農民は、奴隷のように使われていました。

地主に逆らえないのには理由があります。

それは鉄製農具は貴重品だったため、地主から借りるしかなかったのです。

しかし、室町時代にチャンス到来!

鉄の加工技術が発達し、鉄製品が安くなったのです!

そして安い農具を作るために重要な役割を果たしたのが…

農具の柄の部分に使われる「樫」でした!

数百㎏の衝撃に何千回も耐えられないと使える農具にはなりませんが、その役割を「樫」が担ったのです。

樫はその漢字の通り 日本一『「堅」い大「木」』なのです。

どれほど堅いのか、茨城県つくば市の森林総合研究所でどれだけの加重に耐えられるかの実験を「樫」「杉」「松」でしました。

上から木材に向かって衝撃を与え、何トンまで耐えられるのか??

杉は5トンが限界。松は7.5トン。

その中で樫は…

機械の限界である16トンでもめり込んだのは、たった0.1㎜という驚異的な堅さ!

樫は他の樹木に比べ、細胞壁が隙間なくぎっちり詰まっているのです。

そうして樫の農具を手に、農民は地主から独立できたのです!

樫のつく名字は、自由を手に入れた革命の証でもあるそうです☆

1位 松の名字由来? 日本人の生活を支えたスーパーマルチ樹木⁉

松のつく名字ランキング

①松本 ②松田 ③松井 ④松尾 ⑤小松 ⑥松下 ⑦松浦 ⑧松村 ⑨松原

「松」のつく名字は、北海道から沖縄まで多いことから、全国で「松」が大事だったことがわかります!

理由① 日本人の時間を長くした⁉

たいまつを漢字で書くと、「松明」。

松は松脂(まつやに)が出るために、簡単に火がつき、長持ちするのです。

理由② 戦国武将の物語を生んだ?

「しなやかさ」をと「強靭さ」を備えた日本刀をつくるには、「松炭」が必要でした。

松炭は空洞に空気が大量に入ることで火の温度が1300度もの高温になるのです。

その「松炭」がなければ、日本刀の存在は考えられないのだとか。

理由③ 人々の命を守ってきた

栄養のない海岸の砂地でも育つ松は強風や砂から暮らしを守ります。

あの東日本大震災の時に岩手県陸前高田市で残った「奇跡の一本松」は象徴的ですし、世界遺産・静岡の「三保松原」も有名ですね。