スポーツ

小出義雄の嫁・家族は?死因や経歴・名言・本『マラソンの強化書』情報も

2019年4月24日マラソンメダリストのQちゃんこと高橋尚子選手や有森裕子選手の育ての親でも知られる小出義雄氏(元監督)が亡くなりました。死因は?プロフィール(監督歴・育成選手)?嫁・家族?名言は?本は?をまとめました。

小出義雄氏プロフィールは?


小出 義雄(こいで よしお)

生年月日 1939年4月15日(80歳)

出身地・居住地 千葉県佐倉市

大学 順天堂大学

陸上競技の元選手。マラソン・中長距離選手の指導者。

佐倉アスリート倶楽部代表取締役
小出義雄氏が設立したスポーツクラブで、マラソン・中距離選手を指導する「佐倉アスリート倶楽部」、ジュニア選手を指導する「小出道場」(こいでどうじょう)に分かれています。

来歴

千葉県立山武農業高等学校卒業後、家業の農業に従事するも、陸上競技への思い断ち難く、苦学の末、22歳で順天堂大学に入学。

箱根駅伝に3年連続出場(1年時の第38回は5区区間10位、2年時の第39回は8区区間3位、
3年時の第40回は8区区間5位)

大学卒業後、地方公務員となり、千葉県立高校教員として採用される。
千葉県立長生高等学校、千葉県立佐倉高等学校で教員をされていました。

監督歴

1986年、第37回全国高校駅伝で市立船橋高校を優勝に導く。(2時間6分30秒、当時高校最高記録。)

1988年、教職を辞してリクルート・ランニングクラブ監督に就任。

1997年、リクルート部内の確執から積水化学工業に移籍し、女子陸上競技部監督に就任。

2001年6月に佐倉アスリート倶楽部(SAC)を設立し、代表取締役兼現場監督に就任。

2002年12月、積水化学を退社し、SACに専念。

ユニバーサルエンターテインメント(旧アルゼ)や豊田自動織機所属の選手の指導育成も。

引用元<Wikipedia>

育成選手

1992年バルセロナオリンピックマラソンで銀メダル、1996年アトランタでは銅メダル獲得の有森裕子選手、

2000年シドニーオリンピックマラソン優勝、翌年ベルリンマラソンでは、女子初の2時間20分突破となる2時間19分46秒の世界最高記録(当時)で優勝したQちゃんこと高橋尚子選手を育成したことでも有名です。

その他にも、鈴木博美選手、千葉真子選手、那須川瑞穂選手、新谷仁美選手など、多くの陸上トップ選手を育成してきました。

小出義雄氏の死因は?

2019年4月24日午前に、80歳でお亡くなりになりました。

小出監督は今年3月で指導者を引退。

ここ数年は入退院を繰り返し、現場に出る回数も減っていたそうです。

過去には心臓の手術を受けたこともあり、調子のアップダウンが激しく、現場に立つには厳しい状況だったようです。

心臓を患い、今月から病院の集中治療室で治療を受けていたそうですが。。

今年2月には、静養で訪問した鹿児島県徳之島で元気な姿を見せ、NHK取材に「オリンピックの代表をみんなが納得して選ぶには代表選考レースしかない」とコメント、

9月初旬開催のオリンピック代表選考レースMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)への大きな期待を語っていました。

お酒好きで豪快な性格でも知られていた監督でしたよね。

インタビューの度に顔が赤くなっているのは酒を飲んでいるからだとか、

高橋尚子選手がシドニーオリンピックで金メダルを取った時に、途中の様子から「これは勝てる」と思い、祝杯と称して酒を大量に飲みすぎて、ゴール地点や祝勝会に参加できなかったなど、お酒にまつわる話に事欠かない方でした。

小出義雄氏の嫁は?

奥様のお名前は啓子さんで、長生高校勤務時、陸上部の生徒と部活顧問という関係だったそうです。

お2人は1971年に結婚しています。

「あと2年勤めたら年金も保証される」というタイミングで小出監督が
「世界に通用するランナーを育ててみたい」と教師を辞めたいと告げた時にも

「あら、そう。また夢の続き、頑張らなくちゃね。」

と啓子さんは反対することもなく、背中を押してくれたそうです。

また、シドニーオリンピック前には、ボルダーでの練習から一時帰国するなりいきなり

『オイ、金あるか。あったら貸してくれ』

と小出監督に言われたそうです。

小出監督は金メダル獲得のために住まいと食事、練習、という3本の柱を立て、その住まいを米国のボルダーで購入することに。

啓子さんは、銀行勤めの親戚に相談し、小出監督の実家であり、今住んでいる住まいを担保に入れてお金を作ったそうです。

ボルダーの宿舎はクーラーがなかったり不備の部分が多く、生活と練習環境を整えるために自己資金をはたいて購入したとのだとか。

そのボルダーの家は、もともとの価格が約5000万円+地下室も作ってもらい、7500万円程かかったといいます。

啓子さん、バランスの取れた食事はもちろん、あらゆる面で小出監督と選手たちをサポートされてきたんですね。

「主人は自分でも“駆けっこバカ”と言っているように、本当にマラソンが好きなんです。私はマラソンのことは分かりませんから、主人のやりやすい環境を作ってあげるだけですね」

器が大きすぎる! そのお言葉、パートナーにとって、まさに天使としか言えないですね。

この啓子夫人いらしての小出監督だったことがよくわかります。

小出義雄氏の子供は?

啓子夫人との間には3人の娘さんがいらっしゃいます。

次女の正子さん(結婚後は高橋正子さん。高橋という姓にご縁があるのですね!)は、1974年1月3日生まれ(現在45歳)で元陸上競技・マラソン選手。

2001年の東京国際女子マラソン9位、ロッテルダムマラソンで2位に入るなど、国際舞台で活躍された方です。

同期は谷川聡さん、鈴木真紀さんで、中央大学を卒業。

夫の高橋健一さん(小出監督の娘婿ですね)も、2001年エドモントン世界選手権マラソン代表にもなった元陸上選手です。

三女の暁子さんも陸上競技をされていたようです。

マラソン一家なんですね!

長女については情報がつかめませんでした。

「学校(中学と高校)の体育を小出監督の娘さんに教わった」というツイートがTwitterでされていたので、どなたか(複数かも?)は監督と同じく教員をされているのでしょう。

小出義雄氏の名言は?

小出監督は数々の名言を残しています。一部ですが、以下のようなものがあります。

・私は、みんなによくこういっている。

「ほかの人と比較するんじゃないよ。比較しちゃ絶対に駄目だよ。

いつでも、自分がいまよりも強くなることだけを考えなさい」

自分をほかの人と比較すると、どうしても勝ち負けにこだわることになる。

もしも負けたら、自分が嫌になってしまう。

たとえ負けはしなくとも、相手が強いと、そちらのほうにばかり目がいき、ストレスを溜め込んでしまうことになる。

つねにイライラした状態がつづき、しまいには選手としては駄目になってしまう

・仕事が好きで好きでたまらなくて、いつも仕事のことを考えている。

それでお天道様が「そこまで好きなら仕方ない。褒美をやろう」というので、僕にくれたのがQちゃんの金メダルだと思うんですね

・苦しい顔はしてもいいけど、嫌な顔はするなよ

・選手としてメダルを狙うことはもちろん大事だ。

だが、メダルのために人生があるのではない。

あくまでも人生のためにメダルがあるのだ

・成功できるかな? ではだめなんだ。

何が何でも成功するんだ、という信念があってはじめて成功するんだ

・お互いが幸せになるには、あなたも幸せになってね、私もなるよ、っていう考えじゃないと頂点に行けないんだよ

・会社にはいろいろな人がいます。

能力が高い人もいればそうでない人もいる。

けっしてデキる社員ばかりとは限らない。

それを嘆いたり、あきらめたりしないで、少しずつでも全員がレベルアップできるように指導したほうが、絶対に楽しいし、会社も発展するはずですよ。

そして指導をする時には、社員一人ひとりの個性を見て、それに合わせた方法で指導をする。それができるのが優秀な指導者じゃないのかな

・他人を超えるには、自分独自のやり方、考え方を実行しなければならない

・太陽も、月も、自分を疑ったとしたら、その瞬間に光を失うだろう

・こんな田舎のへっぽこ親父でも金メダルのことばかり考えていれば、絶対世界一になれる。それを証明したかった

・三度の飯より陸上が好きだもの。

「家族と陸上のどちらを取るか?」と言われたら、陸上を取る。

本当にそう言ったら妻に怒られましたが

・親やコーチのレベルで考えず、子供の身になって考えること。

一緒に遊ぶつもりでやるのもいい。

人は10人いたら、10人の進み具合がある。

そして「認められたい」という気持ちがある。

ここをうまく使うことです

・一度しかない人生、楽しまなければ損だ

・スローペースで走らせるのも大事なのだ

・選手が「自分から進んでやっているんだ」と思えるような、自発的で積極的な形を取らないと、本番で力を出すことができないのではないかと思う。

だから私は、練習を始めるにあたって選手にいつもいっている。

「練習はほかでもない自分のためにやるものなんだ。

自分でもう少しいいタイムを出したいと思ったら、精一杯頑張ってみたらどうだ」と

・『おまえは、世界一になれる!』と、毎日のように言い続けたのだ。

高橋(尚子選手)にしてみれば、365日『おまえは世界一になれる』と同じことを言われていると、本当はなれっこないと半信半疑でも『あれ、もしかしたらなれるのかな』とその気になってくる。

だが私は本当の本気だった

・生きているうちに一生懸命にやって、死ぬ時に満足して「いい人生だった。思い残すことはない」と思う。

それが最高の生き方だと僕は思うね。

そのためにも、もう1回選手に金を取らせてあげたい

・僕は子供の頃から、夢が100%実現できているんですよ。

「こうなりたい」「ああなりたい」という強い願望を持ち続ければ、たとえ時間がかかっても必ずそこに近づいていけるんです。

何事も絶対にあきらめたらいけないんだね

温かくポジティブな名言ばかりですね!

小出式「ほめて育てる」「個性を認める」選手育成方法は、「親や先輩としての教育の仕方」~「指導者としての組織のまとめ方」にまで応用できる、最高のお手本ですね!

飛び込み・玉井陸斗の中学や身長?腹筋スゴッ!馬淵優佳・寺内健との関係、東京五輪出場は?男子飛び込み世界選手権の日本代表選考会大会で玉井陸斗選手が史上最年少優勝!12歳のスゴイ逸材の新星が出現!玉井陸斗選手の中学・身長もわか...

小出義雄氏の本は?

『かけっこの職人芸 小出義雄が走を語る』(石井信(構成)、ランナーズ、1989/7)
『小出監督の女性を活かす「人育て術」』(二見書房、1998/4)
『マラソンでたらめ理論』(ベースボール・マガジン社、1998/11)
『夢を力に!』(ザマサダ、2000/6)
『君ならできる』 (幻冬舎、2000/9)
『高橋尚子 金メダルへの絆』(日本文芸社)
『Qちゃん金メダルをありがとう』(扶桑社)
『知識ゼロからのジョギング&マラソン入門』(幻冬舎、2002/1)
『本当の生きる力をつける本』(中谷彰宏(共著)、幻冬舎、2002/6)
『君ならできる(幻冬舎文庫)』(幻冬舎、2004/7、2000/9の版を文庫本化)
『へこたれるもんかい』(幻冬舎、2004/7)
『知識ゼロからのウォーキング入門』(幻冬舎、2008/9)
『育成力』(中央公論新社、2009/3)
『愛のコムスメ操縦術 彼女たちをやる気にさせる方法』(集英社、2009/6)
『マラソンは毎日走っても完走できない 「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ』(角川・エス・エス・コミュニケーションズ、2009/11)

☟近年ではこの3冊が、市民ランナーのバイブル化してます。

私も読みましたが、ためてためて30キロ35キロまで体力温存、最後はひたすらスパート!のやり方で、かなり記録を更新できました!

ランナーや、マラソンに興味がある人の必読書ですね。

▼『30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 』(角川SSC新書)


30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 (角川SSC新書)

▼『マラソンは毎日走っても完走できない』


マラソンは毎日走っても完走できない 角川SSC新書

▼『マラソンの強化書』


小出義雄のマラソンの強化書

具体的な練習方法が紹介されていて、とても参考になった。これでサブ3.5達成できました!
実践的な内容。無理なく力がつきます‼️
著者の気さくな表現方法、すごくわかりやすく、というかすんなり入れて、結果につながった気がします。

その後、サブ3.5を目標にしていますが怪我をしてしまい、この間色々な本を試しに読んでみましたが、小出さんの本がすごく私には合うと感じました。

この本のターゲットが完走狙い、サブ4狙い、サブ3.5狙いと明確で、かつ、その実現方法も「脚を作る」「心肺を作る」「後半型の走り」とこれまた明確。

ただ漫然と走るのではなく、ビルドアップ走等のポイント練習で目的を明確にして走る・・・早速、実行したら脚が出来て来ているのを実感しています。

これからマラソンを始める人より、自分みたいに全く伸びてない人が読むと参考になると思います。

<amazon書評より>
効率よい具体的な練習がすぐわかると評判ですね☆

▼今すぐチェック!!

まとめ

あの大きなサングラスと親しみのある笑顔、豪快で愛情深いお人柄…

小出監督が亡くなったことが、平成の終わりとも重なって、本当に寂しいです。

小出義雄監督のご冥福を、心よりお祈りいたします。