TV・芸能

インハンド8話原作漫画ネタバレドラマ比較!プロローグⅡモイラの島

インハンド8話原作漫画プロローグⅡモイラの島のネタバレ!ドラマとの比較も!遠藤(要潤)にあたる人物は?血のポスター⁉都築潤子(ちすん)にあたる人物は?違いはどんなところ?をまとめました。

インハンド8話原作ネタバレ! プロローグⅡモイラの島

巨大企業キガシマホールディングス会長園川務の跡取りの一人息子園川直継(48)が自殺した。

園川直継の総資産は、2000億。

九州の沖合の離島出身の祖父・園川大次郎が、一代で築いたのがキガシマグループである。

2代目が会長の園川務で、その息子が園川直継だった。

紐倉は国内最大手の遺伝子診断会社フューチャージーンに出資していたという。

友人が創設メンバーで、頼まれたとのこと。

が、巨大企業キガシマCP(キャピタル)の増資を受けたことで、
その代表の園川直継が、フューチャージーン社長になった。

紐倉友人は、フューチャージーン社長から副社長に。

だがその園川直継が、自宅マンションから飛び降り自殺をしたのだ。

遺書には「もう疲れた」とあり、

牧野は、園川の口座に不審なお金の動きがあるという。

内閣情報調査室は、園川が不正な遺伝子調査をしていたと見ているようだ。

その調査のプロジェクト名が「ファウンダープロジェクト」だという。

▼▼インハンド8話ドラマの展開はコチラで! 今すぐクリック!!▼▼

インハンド8話ネタバレあらすじ原作?鬼の血伝説!?遺伝子がテーマ!インハンド8話鬼の血伝説・テーマは遺伝子!8話ゲスト要潤・柄本明決定!あらすじは?漫画原作では?ネタバレ?遠藤匡晃(要潤)の役柄?園川務...

牧野がいうには、フューチャ―ジーンは今度、政府主導の大規模ゲノムプロジェクトを請け負うことが内定。

違法をしていたら大変なので、調査してほしいと、紐倉と高家に依頼する。

紐倉は、フューチャージーンの友人をたずねにいく。

そして「ファウンダープロジェクト」の話を園川直継にしたか?を聞く。

「ファウンダープロジェクト」と書かれたメモが、園川直継の自室に残っていたからだ。

内閣情報調査室=内調が探っていると友人に伝える。

「データの流出経路を調べるんだ」と。

紐倉と友人が直継の社長室のパソコンをいじっていると、
直継の父の園川務会長が、部下を引き連れてやってくる。

お酒が飲めないはずの直継のデスク引き出しに、なぜかお酒(ブランデー?)が入っている。

園川務は、直継の遺品を引き上げにきていた。

結局パソコンを、園川務に持っていかれてしまう。

インハンド8話キャスト柄本明・要潤・大平洋介(子役)夙川アトムちすんインハンド8話キャスト紹介!ゲスト柄本明(キガシマ会長園川務)要潤(スカーフ男遠藤)大平洋介(子役・あゆむ都築歩夢)夙川アトム(遠藤直継...

高家は、紐倉の「ファウンダープロジェクト」の資料をみつける。

紐倉は昔アメリカにいた頃、フューチャージーンの友人とゲノムの研究をしていた。

その頃、ヨーロッパから数百人で移住してきたある宗教コミュニティに、依頼を受ける。

彼らはコミュニティで厳格な戒律があるにもかかわらず、「悪魔の子ども」と呼ばれる暴力的な人間がしばしば現れ、頭を悩ませていた。

その「悪魔の遺伝子」を探したのだ。

それが創始者効果(ファウンダー)の「ファウンダープロジェクト」だという。

孤立した小さな集団で近親婚が繰り返されると、遺伝子的多様性が失われ、特定の創始者(ファウンダー)の遺伝子が広がることがある。

調査の結果、300年前の1組の夫婦にたどりついた。

彼らの子孫はドーパミンに関する遺伝子に大きな異常があり、そのせいで暴力的でアルコールやドラッグなど、依存症になりやすい傾向を持っていたという。

だがこのデータは、広がってしまうと差別的で問題があるものなのだ。

にもかかわらず、契約に基づき、コミュニティーの宗教的指導者に渡した。

データを渡す時によく説明し、コミュニティ外に漏れないよう研究発表もしなかったと紐倉は語るが、結局データは漏れたし、人も死んだんだと、高家は憤る。

紐倉は、全ては自分が始めたことなので、自分で終わらせたいという。

直継は自宅で大量の書類やデータを破棄していたのに、会社のパソコン内の「ファウンダープロジェクト」のデータすら削除していなかった。

直継が破棄していたのは「ファウンダープロジェクト」のデータではないと紐倉はいう。

直継が破棄したのは、園川家が持つ「悪魔の遺伝子」のデータだと。

インハンド8話感想!鬼の血伝説とは何?紐倉とスカーフ男の対決は?インハンド8話遺伝子がテーマ!、園川家(会長・柄本明,直継・夙川アトム,あゆむ・大平洋介)に伝わる“鬼の血”伝説とは一体何なのか?紐倉と...

そして、上之宝島の研究者に会いにいく。

直継の祖父大次郎の出身地・九州沖の離島の上之宝島には、伝説がある。

「あるとき鬼が島に流れつき、男を殺し、女を手籠めにした。

島民は何とか鬼を殺したが、それ以降島には鬼子が生まれるようになった」という。

その鬼子の特徴は、毛は巻いて赤く、肌の色は白い。

育つと身長は、7尺=212.121㎝(1尺が30.303㎝)

乱暴で酒飲み、女にだらしなくバクチを打つなど。

上之宝島の専門家は、その鬼を外国人だと見ているという。

そして、上之宝島のことを今年で聞きにきたのは2人目だという。

その1人目が、紐倉のフューチャージーンの友人だとわかる。

「お前が直継に頼まれ、上之宝島の元島民39名のゲノム解析をしたんだ」と、フューチャージーン友人に詰め寄る紐倉と高家。

フューチャージーンの友人は、頼まれてゲノム解析をしたのではなく、直継の気をひいて出資してもらうため、自分からその解析データを見せたのだという。

でも直継が死んだのは自分のせいじゃない。
あの一族で自殺は珍しくない、と薄ら笑いを浮かべていう。

紐倉友人の首には、直継にしめられた跡があった。

そのデータ解析に思ったよりお金もかかり、そのデータを公表すると直継をゆすったらしい。

そして、紐倉友人が、紐倉に解析を頼んだデータがあったのだが、それは直継の息子・あゆむのものだと判明した。

そのデータを、キガシマ会長の園川務に、紐倉は見せに行く。

遺伝子解析の結果、直継は、「アルコールを含むあらゆる依存症になりやすく、暴力性と関係のあるMAOA遺伝子の変異」をもっていた。

上之宝島出身者39名の中で、色素の薄い遺伝子を持っている87%が、同じような遺伝的傾向を持っているという。

最初務は、「だからどうした。園川に流れる鬼の血のことなど、調べなくても知っている」と紐倉たちを追い返そうする。

「息子さんはなぜ、御自分の遺伝子に興味を持ったと思いますか?」と園川務に聞く紐倉。

「検体No.39 ツヅキ アユム
お孫さんのデータです。」

直継も最近まで、知らなかったという。

「彼は自分の血を恐れて、子供を嫌がった。

だからこの子の母親は、直継さんに隠れて出産した」と紐倉は園川に伝える。

「この子の髪は赤いか」と問う園川。

「ええ」

「やはり鬼の子供だな」

「全部遺伝子のせいですか」

「本物の鬼に会った事があるかね」

園川は40年間、鬼の下で仕事をしたという。

「キガシマは鬼が島のことですね」と紐倉。

「若い時、婚約者を先代に紹介すると、翌日には彼女は先代の愛人となり、園川は先代の妹と結婚することが決まっていた。

先代はそういう事を笑顔で出来る人だった」という。

「憧れたね。私もそうなりたかった。
心がなければ迷いがない。
常に正しい判断ができる。

でも直継を鬼にしたいと思ったことは、一度もなかった」と。

「鬼の血は破滅の血。
先代以外の園川の人間は皆、そのせいで早くに死んだ。

だから直継にはお前の母親や親類を見ろ、ああはなるな、
お前には鬼の血が流れている。気をつけろと注意してきた。

あの血には勝てん」と園川。

「古典的な問いですね。

遺伝子か環境かではなく、遺伝子と環境なんです」と紐倉。

「我々の人生は生まれた時から定められているのではなく、
この世界と反応していくものなんですよ」

「なるほど」と言って園川は、あゆむの遺伝子解析データと直継のノートパソコンを交換する。

が、そのデータをシュレッダーに。

そのデータには、あゆむの連絡先も書いてあったのに…。

でも園川は、あゆむに会わないという。

「直継は死んだ。
私は子育てに失敗したんだ。

私は悪い環境だ」と。

インハンド8話評判・口コミ!9話あらすじ因縁の病院悪事を暴く!?インハンド8話遺伝子か環境か?園川家(会長・柄本明,息子・夙川アトム・あゆむ)に伝わる“鬼の血”伝説とは?遠藤(要潤)との対決は?9話あ...

しかし、園川が出席したキガシマがスポンサーの絵画コンクールのみらい大賞の受賞者が、なんと「都築歩夢」だったのだ。

「自分にはお父さんがいないので、
家族の絵を描くとさみしくなっちゃうと思ったが、

お母さんは、お友達や先生もみんな家族なんだよと言った。
だから仲良しのひとをみんな描いた。
僕の家族はにぎやかです!」と、スピーチ。

涙を流す園川。
会長の絵を描いてくれるよう頼んでみては、と部下。

紐倉たちは「調べてもわからなかった」と牧野に報告し、ダメだしを受ける。

そして最後は、あゆむが描いたおじいちゃんの絵のカットで終わる。

原作漫画とドラマとの違いは?

インハンド8話の原作漫画は『インハンドプロローグⅡ』の「モイラの島」です。

以下、違いを述べます。

・原作漫画では、遠藤匡晃(要潤)の設定がない。

・遠藤にあたるのが、フューチャージーンの元社長で、アメリカ時代にゲノム解析を一緒にしていた紐倉の友人。

・フューチャージーンの位置づけも違う。

・「ファウンダープロジェクト」がドラマでは「ファウンダーリサーチ」。

・ドラマでは、紐倉元上司・福山和成(時任三郎)がCEOである。

・原作では、フューチャージーンの友人が資金を得るために自ら「ファウンダープロジェクト」のデータ解析を園川直継に見せたことで死に追いやった形だが、

遠藤は直継に頼まれて解析をしただけで、その結果をとても心配していた。

・ドラマの、遠藤(要潤)がまいたセラチア菌による「血のポスター」という設定は、原作にはない。

・ドラマでは、あゆむが大賞を受賞する絵画コンクール授賞式に、紐倉と高家が連れて行くが、原作では紐倉たちは帰って、園川務は偶然あゆむと対面する。

・直継自殺のTVニュースを見てショックを受け皿を割る場面が出てくるが、都築潤子(ちすん)にあたるあゆむの母親役は、原作では登場はしない。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

原作漫画では、紐倉の友人までが冷徹なキャラで、人間の黒い部分がはっきり描かれている感じです。

ラストがあゆむによって希望が持てるのは、原作でもドラマでも同じで、良かったですね!

インハンド最終回はいつ?

インハンド最後はいつ?最終回放送日・全何話かをしっかりチェック!ドラマ「インハンド」5話では紐倉の義手・助手の死の過去の謎も解明へ!盛り上がってきました!が、最後はやってくるもの(泣)腹をくくるべく(...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

UNEXT お得情報!

U-NEXTでは登録してから31日以内であれば料金は一切不要です。

見放題動画はなんと9万本! もちろん無料で観れちゃいます!

そしてなんと、登録するだけでもらえる600ポイントを使って『インハンド』原作が無料で読めますよ!(^^)!

その600ポイントを使い、インハンド原作の分冊5話分(分冊1話分は108円)』が無料で読めてしまうのでお得です!

ドラマの原作となった話だけを選んで読んでもイイですね☆

たとえば次回インハンド8話は『プロローグⅡ モイラの島』が原作!

先に予習して、ドラマを倍楽しみましょう!

31日間はほかの映画やドラマ・漫画や雑誌も楽しめて、とってもお得ですよ☆

漫画・書籍は35万冊以上、雑誌読み放題は70誌も!

さらに継続すれば、毎月1200ポイントも必ずもらえるんです(≧▽≦)!!

▼▼『インハンド』無料試し読みも! 今すぐチェック!!▼▼