TV・芸能

インハンドあらすじ3話・ネタバレ原作の違い徹底比較! 動画も!

山P主演人気ドラマ『インハンド』3話あらすじ・ネタバレ。原作漫画あらすじ・ネタバレとの違い徹底比較!予告動画も!瀬見まき子(観月ありさ)が不老不死に執着する理由!?テロメラーゼとは?瀬見みき子(松本若菜)との過去の謎が解けますよ!

インハンド3話・あらすじ ネタバレは?

『インハンド』3話の原作[あらすじ・ネタバレ]は?

漫画『インハンドプロローグ Ⅱ』の『ガニュメデスの杯』からです。

牧野(菜々緒)から、紐倉(山下智久)に依頼がくる。

坂辺國士(くにお 25)
警視庁生活環境課保健衛生事業・捜査担当、奥さんは牧野の中学時代の同級生で先月女の子ミクちゃんが生まれたばかりの警察官が、3日前から行方不明だという。

人体売買のルートを追い、単独行動中に行方不明となったそう。

その誘拐された時の様子が、防犯カメラに映っていたが、見張り役の男に見覚えがないかと、牧野が紐倉に聞く。

最初見覚えがないと言ってたが、紐倉はその男から、人体見本(=本物の骸骨)を買っていたことを白状する。

その男は国際的人体※ブローカー・コバヤシだった。

※人体ブローカー=胎盤(プラセンタ)・腎臓・骨・腱など内臓や組織を売りさばく人。
骨や腱を死体から取り出し移植に使ったり、片方の腎臓は生きてる人間からとったりも。
海外ではそのような事件が多発している。

牧野「すぐその男に連絡を」

紐倉「その必要はない。その犯罪者集団全員が同じブレスレットをつけている。」

防犯カメラに映る男たちの腕のブレスレットに紐倉は気づいていた。

紐倉「不老不死に興味はあるか」

講演会場では、ガニメデ財団・瀬見まき子代表(観月ありさ)が「永遠の命を科学する」を講演中。

「人はなぜ老いて、死ぬのでしょう?」

「なぜ永遠の若さを維持できないのでしょう?」

「そんなのあたり前?そんなことありません」

ベニクラゲの例を説明
「我々ガニメデ財団は老化を病として捉え、科学的に治療していきます」

【▼必読!「不老不死」ベニクラゲのことがよくわかる!
ベニクラゲ音頭⁉ 人類にも応用?本当に死なない?コチラをクリック!】

ベニクラゲは不老不死?寿命は5億才⁉テロメラーゼを人類にも応用?研究者情報も不老不死と言われるベニクラゲ。『インハンド』にも瀬見まき子のアンチエイジングの鍵として登場。テロメラーゼ?どんな生物?生態・特徴が【ベニ...

ガニメデ財団は不老不死を目指す団体。

上級会員は皆、財団のブレスレットを着用している。

万一そこらへんで倒れて病院にかつぎこまれも、彼らが望むタイプの治療を受けるための目印だという。

誘拐犯=ガニメデ財団の人間と判明。

3人は瀬見まき子の講演会へ。講演後、サプリなどがどっと売れる。

一般会員は自分に合ったサプリを紹介してもらえたりはするが、最先端治療を受けられるのは、上級会員だけ。

紐倉は上級会員になりたいと係に申し出るが、会員になるためには、他の上級会員の紹介が必要と断られる。

金なら出すというが、やはり拒否される。

その後、上級会員からの紹介は牧野が何とかすると言う(ちゃっかりサプリ購入の牧野)。

瀬見まき子は50代だが、異常な若さである。

紐倉は、団体にもぐり込むためには会員の紹介だけではダメで、今日中にホルモンについての論文を書くと箱根へ戻る。

「スピロメトラ属条虫のプレロセルコイドによる長寿効果について」というタイトルで、寄生虫がもたらすアンチエイジングの論文を高家と共同で書く。

牧野はガニメデの紹介状を手に入れ、担当者と手続き中だったが、紐倉&高家が一足先に財団内部へ入っていくのを見る。

紐倉と高家は、瀬見と面会へ。

「紐倉博士」として高家が面会に行き、その間に、「助手」として残った紐倉が内部を探る。

しかし、瀬見のSPにみつかってしまい、追われる紐倉。

「今すぐそこを出ろ」と高家にメールしていたが、気づいた時には遅く、SPから通報の入った瀬見まき子から、高家は首に注射され倒れる。

紐倉は逃げ切って、データを盗み出ことには成功。

牧野はこれでガニメデに捜査に入れると喜ぶ。

が、紐倉が高家からのメールを見ると、「持って行った物を返せ」と高家が腕を縛られて寝たまま、人質になった写真が添付されていた。

若い死体を手に入れ、人体ブローカーコバヤシを呼び出すことに。

それをただでやるし、「めんどうくさいやつ」とコバヤシがいうガニメデも追い払ってやるからと、瀬見の居場所を吐かせる。

コバヤシからは、横浜マリーナへ行けと言われる。

そこでは、特別な若返り治療=若い血の輸血が船上で行われていた。

誘拐された例の警察官と高家が、瀬見まき子に若返り実験の輸血をされていた。

瀬見まき子は輸血によって、若さを保っていたのだ。

50年代から研究自体は行われ、血漿(しょう)に含まれるGDF11というタンパク質が
骨・筋肉・神経を若返らせ、心臓肥大も筋力低下も物忘れも治るという。

高家は、なぜそこまで不死にこだわるのか、瀬見に聞く。

「妹は13歳の時に交通事故で死に、体がぐちゃぐちゃに。

元夫は私と別れたあと自殺し、見つかった時にはお肉はほとんどなかった。

死は醜く虚しいだけ。天国も来世もない。

死を受け入れろ?冗談じゃない。死なんてクソくらえよ!」

と高家は殺されかかる。

そこへ紐倉と追うSPが登場。

紐倉は輸血バッグを、全部捨ててきたのだった。

瀬見「あなたは死が怖くないの?」

紐倉「それこそが進化のエネルギーの源だ」

長寿になるようコントロールされた生き物は生殖活動が衰え、でも長生きする。

ではなぜ生物は自分の生存を犠牲にしてまで子孫を残すのか?

生きている者は必ず死ぬからさ」

紐倉がキッチンに火をつけてきたといい、消火器がない中、煙がまわってくる。

瀬見とSP達は逃げる。

紐倉は高家と警官を助け出し、無事脱出。

そして瀬見たちは捕まったようで、週刊誌には「恐怖の吸血財団」の記事が。

また再び、紐倉が高家をこき使う日常が戻る…

で終わります。

インハンド・観月ありさ(瀬見まき子)のiPhoneケースがかわいい!母の日にも!インハンド3話・瀬見まき子役の観月ありささん、お綺麗でしたね☆その観月さんがドラマで使用のiPhoneケースが上品で高級感抜群☆色違いを...

▼現場は和気あいあいとしているようですね!

菜々緒の蛇巻きしてみる?ヘビカフェ【東京スネークセンター】AKBも来た! 犬・猫はもちろん、最近ではフクロウ、ハリネズミ、うさぎ、イグアナ…いろんな動物とのふれあいカフェが続々開店。中でもヘビカフェが、今...

ドラマ3話[あらすじ・ネタバレ]&原作漫画[あらすじ・ネタバレ]比較

公式サイトのあらすじ

変わり者だが天才的な頭脳を持つ寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)は、巨大な植物園を改造した自宅兼研究室で、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。

ある日、紐倉は助手の高家春馬(濱田岳)を連れて、大学時代の先生であり、
現在はパナシアンビューティーという美容団体のCEOを務める瀬見まき子(観月ありさ)の講演を聞きに行く。

パナシアンビューティーでは、上級会員向けに「不老不死」を謳い文句にした
アンチエイジング治療が試験的に行われていた。だがその治療を受けた会員の数名に、認知症に似た症状が現れていることが発覚。治療による副作用なのか?

疑いを持った紐倉は、高家と官僚の牧野巴(菜々緒)と共にパナシアンビューティーの内情を調べ始める。
瀬見が異常なまでに“若さ”に対して執着を持つのには、過去のある出来事が関係していた・・・。

そんな中、高家に死の危機が迫る・・・!

【▼高家役・濱田岳さん、家でもそのまんまのキャラみたいです!今すぐクリック

濱田岳の子供は何歳でどこ小学校?2人目は?どんな父親?嫁と身長差20㎝?話題のドラマ『インハンド』で高家春馬役の濱田岳さん。紐倉哲(山P・山下智久さん)や牧野巴(菜々緒さん)との掛け合いも最高!ノリにのってる...

ドラマ3話[あらすじ・ネタバレ]&原作[あらすじ・ネタバレ] の違いポイントは!?

以下、・原作漫画→ドラマで記入

・ガニメデ財団→パナシアンビューティー

ちょっとスッキリと綺麗な名前になってますね。

ガニマタでもゼニガメでも、アンドロメダでもありません(笑)

・瀬見まき子は紐倉のもともとの知り合いではない→瀬見まき子(観月ありさ)は大学時代の紐倉(山下智久)の先生という設定。

 

View this post on Instagram

 

. 今週の第3話放送📺 瀬見まき子役、観月ありささん✨ . 紐倉の学生時代🏫に深く関わっている瀬見先生‼️ いつも優しい笑顔で見守ってくれてます😊✨ . 学生時代の紐倉も登場✨ 教室で勉強する姿が見れちゃったり👀💞 瀬見先生は約10年前の回想時代も現在も変わらず 綺麗なまま✨ それが3話のテーマにもなっていたりします‼️ . . #インハンド #第3話は26日放送✨ #テーマは不老不死⁉️ #紐倉博士の学生時代と深く関わりが‼️ #学生姿の紐倉も‼️ #変わり者は昔から? #山下智久 #観月ありさ

【公式】インハンドさん(@inhand_tbs)がシェアした投稿 –

紐倉の学生時代との過去が、より意味を持ち、関係しているようですね。

・アンチエイジング・不老不死の鍵の強調箇所がちょっと違う。

ベニクラゲだけで「テロメラーゼ」という言葉は出てこない→※テロメラーゼを強調?

テロメラーゼとは?

※染色体の末端にある「テロメア」と呼ばれる領域は、細胞分裂を繰り返す度に減っていき、やがて無くなるとそれ以上の細胞分裂ができなくなり、細胞は死に至る。

「テロメア」は分裂のたびに少しずつ短くなっていくが、この「テロメア」をふたたびのばして,分裂寿命を延長する酵素が存在する=「テロメラーゼ」である。

「テロメラーゼ」活性がない体細胞では分裂ごとに短縮がおこり、一定以上短くなると分裂を停止し細胞老化が起こる。

ベニクラゲの場合は他の生物と同じように、基本的にはカウントダウンされて行くが、寿命を迎えると「テロメラーゼ」を分泌し、一部の細胞の「テロメア」がリセットされて「テロメア」部分のみが再生されたクローンが出来るというカラクリ。

それが「不老不死」と呼ばれる理由で、ベニクラゲと人類の遺伝子構造は似てるため、応用できることが期待されている。

・認知症も輸血のアンチエイジング治療で治る、そのための人体売買が捜査対象→
アンチエイジング治療により認知症に似た症状が会員数名に発症ということが捜査対象

・ドラマでは最初から講演を聞きに行っているようなので、警察官・坂辺國士が登場しないのでしょう。

・人質が警察官・坂辺國士&高家→高家(濱田岳)だけ

・瀬見が異常なほど“若さ”に執着を持つ理由=過去の出来事に関しては

妹の交通事故&元夫の自殺→妹の瀬見みき子役(松本若菜)の交通事故or自殺?

【実際のドラマ3話あらすじ内容・感想・評判が知りたい方は
▼コチラも今すぐチェック☟!】

インハンド3話感想・評判(口コミ)不老不死・ベニクラゲテロメラーゼは現実の話!インハンド3話「天才科学者VS元恩師!」感想、SNS評判(口コミ)を紹介。人類の不老不死を叶えるベニクラゲ「テロメラーゼ」もわかるあらす...


【▼美人すぎる松本若菜さんの記事はコチラをクリック!

佐々木希に似てる?相田翔子や小沢真珠にも?そっくり率ベスト5比較!】

インハンド・松本若菜が美人すぎ!佐々木希に似てる?相田翔子や小沢真珠にも!?『仮面ライダー電王』でデビューの松本若菜さんは『コウノドリ』『チア☆ダン』、最近は『インハンド』瀬見みき子役『東京独身男子』『フルーツ宅...

まとめ

ドラマ『インハンド』、第3話、『ナースのお仕事』などで名演の観月ありささん演じる瀬見まき子の「不老不死」への異常な執着が見ものです!

人間臭さプンプンで、またたまらなく面白くなりそうですね。

原作もとっても面白いので、是非読んでみてくださいね!

【ウラワザお得情報】
ドラマ『インハンド』3話原作+ほかの話まで1巻まるっと読めちゃう!?

私のあらすじだけでは伝わらなかったこと、捉え方が違うこともあると思います。

原作・朱戸アオさんの絵と共に、ドラマ3話の魅力をどうぞもう一度味わってください!(^^)!

U-NEXTでは『インハンド』の原作が読めちゃいます。

登録してから31日以内であれば料金は一切不要。

試し読みはもちろん無料!&無料登録するだけでもらえる600ポイントを、漫画版『インハンド プロローグⅡ』に使って、一巻まるごとお得に読むもよし!

他の映画や雑誌・漫画に使うもよし!

無料の31日間はほかの映画やドラマ、漫画や雑誌も楽しめて本当にとーってもお得です☆

▼今すぐココをクリック!