TV・芸能

ドラマインハンド2話の原作ネタバレと違いは?ハートランドウィルス解説も!

大好評ドラマ『インハンド』2話の原作ネタバレと違いは?ハートランドって実在するの?解説も。原作『インハンド』あらすじ、ドラマとの違い、展開予想をまとめました。「ハートランドウィルス」や「スーパースプレッダー」という用語についてもわかります!

ドラマ『インハンド』第2話 あらすじ

変わり者だが天才寄生虫学者の紐倉哲(山下智久)は、巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしています。

医者としての道を断たれ、紐倉の助手になったお人好しの高家春馬(濱田岳)は、早速ドSな紐倉からいいように使われていました。

ある日、病院から紐倉の元に感染症の疑いがある意識不明の女性について、調べてほしいという依頼が来ます。

紐倉がその女性の血液を調べてみると、“ハートランドウイルス”という日本ではまだ発見例のないウイルスが検出されました。

紐倉と高家は感染ルートを調べることに。

感染女性の自宅を訪ねてみると、出てきたのは9歳の息子・渉(込江大牙)。母親について話を聞くが、渉には心当たりはないようで……。

そんな中、新たな感染者が出たという連絡が入ります。

情報を聞きつけた内閣官房サイエンス・メディカル対策室の牧野巴(菜々緒)が、紐倉たちの元へ。

紐倉、高家、牧野は、再び3人で力を合わせて問題解決に挑んでいきます。

調べを進める中で、予想外の事実が明らかになります…。

ハートランドウィルスとは?

ブニヤウイルス科フレボウイルス属に分類され、重症熱性血小板減少症候群ウイルス(SFTSV)に近縁なハートランドウイルスは、マダニによって媒介され、ヒトに対してSFTS同様重篤な疾患を引き起こす。

最近、新種のウイルス(バーボンウイルス)が米国でダニ刺咬歴のある患者から分離された。SFTSと同様、これらの新規のダニ媒介性ウイルス疾患への関心が高まっている。

1.ハートランドウイルス(続報)
2009年アメリカ・ミズーリ州北西部の別々の農場で働く2人の男性が発熱、倦怠感、下痢症状を呈し、検査所見で血小板減少、白血球減少がみられた。

記憶障害、食欲衰退がしばらく続いたが、その後ゆっくり回復した。

急性期患者血液からSFTSVに近縁なウイルス(ハートランドウイルス)が分離された。
その後の調査で、ミズーリ州で生息するマダニAmblyomma americanum (L.)(ローンスターダニ)がこのウイルスを媒介することが明らかにされた。

また、患者が発生した地域周辺に生息する動物における血清学的調査で、アライグマ(42.6%)、シカ(14.3%)、ウマ(17.4%)、イヌ(7.7%)、オポッサム(3.8%)からハートランドウイルスに対する抗体が検出された。

マダニとこれらの家畜や野生動物間でハートランドウイルスの自然生活環が形成され、維持されていると考えられる。

ハートランドウイルスは分子系統上、フレボウイルス属のなかでもSFTSVと同じグループに属し血清学的にも交叉する。

また、1970年代以降、インド、アフリカ、ヨ-ロッパに生息するマダニから分離されているBhanjaグループ(Bhanjaウイルス、Palmaウイルス、Forecariahウイルスなど)、

スカンジナビア、ヨーロッパ中西部、中央アジアで分離されているウークニエミウイルスは、SFTSVと同様フレボウイルス属に分類されるダニ媒介性ウイルスである。

これらは、ヒトに感染すると軽症の発熱性疾患を引き起こし、症状は発熱、頭痛などである)。

SFTSVに近縁なダニ媒介性フレボウイルスが世界中に分布することから、これらの感染リスクや病原性などの詳細な研究が必要である。

<NIID 国立感染症研究所>より

原作『インハンド』ネタバレ

朱戸アオさん原作の漫画『インハンド プロローグ(Ⅱ ディオニュソスの冠』より

この話と思われるところを! 原作ネタバレです。

内閣官房・サイエンス・メディカル対策室の牧野巴は、日本でまだ発症例がない「TARSコロナウイルスの感染者死亡」の件で紐倉の研究所を訪れ、協力を求めに来ます。

その女性患者は、本人はもちろん、家族も渡航暦がなく、感染経路がつかめません。

TARSコロナウイルスは致死率が非常に高く、もし感染が拡大すると、
日本中が大パニックになる恐れが…。

感染者はどんどん増え続け、死亡する患者も出始めています。

その時、大学で講義を受けていた学生11人が集団感染していた事が判明。

その学生11人も、誰も渡航暦はありませんでした。

調べるうちに、その授業の講師・相田光一が感染元として疑われます。

なぜなら相田は2週間前に、東南アジアでダイビングしていたのです。

紐倉と高家は相田のマンションを訪ねます。するとなんと…
相田の腐乱した遺体が…。

相田の体には争った形跡があり、犯人は「TARSコロナウイルス」の感染患者の誰かであると紐倉は予想します。

容疑者を絞っていくうちに、飯田智輝が相田の殺人犯と判明。

相田の授業を受けて「TARSコロナウイルス」に感染し死亡した女性の恋人が、飯田だったのです。

その恨みをはらすため、相田に近づき殺したと飯田は自供し、一件落着!

インハンド2話子役・金井渉役は込江大牙?兄は込江海翔?衝撃オーディション秘話も!ドラマ『インハンド』第2話で金井渉役の【込江大牙】くんは誰?母親がハートランドウィルスにより意識不明になってしまう9歳の少年を熱演。プロ...

ドラマ『インハンド』と原作の違い&展開予想

・ 2000年代前半東アジア中心に大流行したSARSを連想させる『TARSコロナウイルス』とマダニ媒介の『ハートランドウイルス』

原作のTARSは致死率が高いが、ドラマのハートランドは発熱などはあっても比較的軽症。

・ ※『スーパースプレッダー』(=未発症の感染者。以下※参照)が原作では大学講師・相田で、ドラマでは9歳の息子・金井渉(込江大冴)⁉

・原作では相田は殺されるが、ドラマでは金井渉(込江大冴)は無事でいてほしい。
マダニ媒介で感染源である自覚がないのに…というオチではないでしょうか!?

※ スーパースプレッダー
英語:super spreader

感染症の感染源となって感染拡大に拍車をかける人物を指す言い方。

スーパースプレッダーは、感染症の原因となる細菌やウィルスを保持した状態で非常に多くの人々と接触し、感染者の急増をもたらす。

ウィルスを増殖させやすい体質によって他者に対し強い感染力を備えていたり、職業柄多くの人と接触したり多くの地域を行き来したりする人物が、結果としてスーパースプレッダーとなりやすい。

潜伏期間中で自覚症状がなかった例もあれば、罹患の兆候を軽視して活動を続けた例もある。

スーパースプレッダーは、2000年代前半にSARS(重症急性呼吸器症候群)が東アジアを中心に大流行した要因のひとつとされている。

<Weblio辞書>

まとめ

犯人が金井渉(込江大冴)というのはあまりに単純すぎるでしょうか!?

いずれにしても、金井渉役の込江大冴くんの演技には期待大!

ドラマ『インハンド』、これからの展開もとっても楽しみです♪

【ウラワザお得情報】『インハンド』原作が1巻読めちゃう!

U-NEXTで『インハンド』の原作1巻が読めちゃいます!
登録してから31日以内であれば料金は一切不要。

無料登録するだけで600ポイントもらえるので、そのポイントを漫画版『インハンド』(01は648円)に使って読むことができます。

無料の31日間はほかの映画やドラマ、漫画や雑誌も楽しめるので、とってもお得ですよ!▼今すぐクリック!