観光・イベント

チャギントン電車in岡山!予約や料金、プラレールにお弁当情報まで

世界で大人気のアニメ『チャギントン』の路面電車が、岡山で運行開始!総工費は5億円!子どもも大人も楽しめるチャギントン電車の予約方法・料金・プラレール・お弁当からトーマスとの比較まで、徹底レポートしちゃいます!

チャギントンって?

小さいお子さんがいないと、あまりなじみがない方もいらっしゃるかも。
そんな方のために、チャギントン大解剖!

ストーリー

チャガーと呼ばれる機関車や電車たちが、人間と一緒に暮らす街・『チャギントン』を舞台に、ウィルソン、ブルースター、ココという3人の若いチャガーを中心に展開される物語。

ちなみに『chug chug(チャグチャグ)』は、英語で『シュッシュッポッポ』を意味するそうですよ。

チャギントンの主なキャラクター

ウィルソン:いつも元気いっぱいな、ちょっとおっちょこちょいな男の子。
決め台詞は「レッツライド!」。色は赤。

ブルースター:力持ちの機関車で、みんなからとっても頼りにされている。
決め台詞は「なんてこった!」。色はブルー&イエロー

ココ:走るのがはやくて、冒険が大好きな電車の女の子。
決め台詞は「トレインタスティック!」。色はグリーン&パープル&グレー

ハンゾー:走るのがとても速い、チャグスピードチームのリーダー。
穏やかで礼儀正しいみんなの憧れのチャガー。色はブルー&ホワイト

<参考元:フジテレビ チャギントン公式サイト>

チャギントン電車は、ウィルソン&ブルースターです。
ハンゾーは、あの忍者由来の名? 新幹線に似ていて、完全に日本人キャラですね。

放送時間は?

イギリス発、全世界で大人気の3ⅮCGテレビアニメ。

現在、日本での放送は、
・「GO!GO!チャギントン」フジテレビ系列  毎週日曜 あさ6:15〜6:30
つるの剛士さんと海老原優香さん(フジTVアナウンサー)が案内役として出演。

・BSフジ「GO!GO!チャギントン スペシャル」BSフジ  毎週日曜 あさ8:00〜8:30
ディズニージュニア(CS) でも不定期放送中。

チャギントン電車って?

今岡山では、チャギントン電車がアツイ!主役キャラのウィルソンとブルースターが連結した、水戸岡鋭治氏デザインの路面電車です。

総工費はなんと約5億円!2019年3月16日から岡山市内を走ってます。
最近あんころんも駅前で運転している時に、3回遭遇! 大興奮でした(*´▽`*)v

チャギントン電車の料金・予約方法は?

岡山電気軌道『おかでんチャギントン』特別乗車チケット

運行経路
岡山駅前発→東山おかでんミュージアム駅着
東山おかでんミュージアム駅発→岡山駅前着の2パターン(各所要時間:約50分)

平日は計4回、土休日は計5回運行

定員
大人16人・子ども20人

チャギントン電車の料金は?

乗車料金
大人  平日3,400円(土日祝3,500円)
子供  平日1,900円(土日祝2,000円)
春休み期間(3/27~4/7)やGW(4/27~5/6)などは土日祝料金

・おかでんチャギントン乗車料金
・おかでんミュージアム入館料
・乗車記念品
・路面電車1日乗り放題料金

が含まれてます。

チケット購入方法

①~③までの方法があります。

①ファンクラブ会員登録すると、3ヶ月先の予約抽選に特典付きで参加できます。
詳しくは、おかでんチャギントンのサイトへ。

②一般発売(先着順)※ ローソンチケットのサイトで「おかでんチャギントン」で検索
「空席が発生した便」のみ一般販売が実施されます。
先着順での予約となり、上限数に達し次第受付終了となります。

一般販売は運行月1ヶ月前の1日からの販売。
5月運行分のチケットは、4月1日より販売開始予定です。

③当日発売(先着順)※ローソンチケットのサイトで「おかでんチャギントン」で検索
当日チケットは、対象日の午前0時からローソンチケットで発売。



2019年GWは岡山城に急げ!無料配布の大手まんぢゅうをゲットしちゃおう!百名城の1つとして名高い、戦国大名・宇喜多秀家によって築かれた岡山城。 2019年GWオープニングイベントでは、先着200名に大手まん...

チャギントン電車のココがすごい!

カラフルで、街中でも注目の的。
実際に見たブルースターのちょっと豚鼻さんが、とってもかわいかったです(そこ?)

そんな愛らしい外観はもちろん、中もスゴいんです。
子どもたちが安心安全に楽しめるよう、子ども目線の工夫が徹底的にされていて、もうびっくり!

徹底した子ども目線の工夫

この電車のメインターゲットは、未就学児。

電車内で「お行儀悪いでしょ!ダメッ!」って
注意された全部が、この電車ではできてしまう、、まるで夢のような車両なんです!

・座席下にまでキャラクターの絵

・通常の1人ずつのシート区分はなし。

・車内は子ども達が自由に遊べるよう、土足厳禁。

・背もたれの出っ張りは、1~2歳の子どもも素足で座席シートに上がれるように。
ヘッドレストまであり、その出っ張りが椅子代わりに。
座ることはもちろん、そこにひざをのせて窓の外を見ることもできそう。

・座面の手前の柵は、子どもが転落しないためのもの。シートが狭いところには柵も。

・テーブルなどはすべて、丸く面取りをしてある。

・床にはモニターが埋め込まれ、映像が流れる。

・子どもたちと遊んだり、街を案内する「おかでんチャギントンナビゲーター」も同乗

ちなみに、目玉はカーテンに描かれていて、走行方向側では巻き上げられて運転されます。前が見えなくては困りますからね(^^; 後ろ側はそのまま、パッチリお目めですよ。

ぜいたくな内装

子ども向けだからと言って、ただ派手で人目をひくチープなものではないんです。
本物志向がまた、これでもかという程のスゴさ。

・背もたれと座席はさまざまな配色、リッチ素材の華やかな柄

・カーテンは三重構造でそれぞれにキャラクター

・床は寄せ木細工を使用

・電気鋳造の格天井の各格子にもキャラクター入り

子どもリスペクトの情熱

デザインを手掛けた水戸岡氏の
「子どもは実に目がよいので細かいところにも手を抜いていない」

「『本物』を体験させることが重要」

「今までにない時間と空間を演出する『走る舞台』として愛されることを願っている」
という信念が貫かれています。

いやあ、徹底した『子ども目線』と『子どもへのリスペクト』に脱帽ですね。

【岡山城】の見どころは? お城パフェ、着付け・備前焼体験情報も! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今から約4...

デザインを手掛けた水戸岡鋭治さんて?

水戸岡鋭治(みとおかえいじ)1947年生まれ、71歳
岡山市出身のインダストリアル(工業)デザイナー、イラストレーター。

特に鉄道関連で、数々の輝かしい受賞歴があり、全国各地でかっこいい水戸岡トレインが走ってます。

JR九州の「ななつ星 in 九州」は特に有名でご存知の方も多いかも。
2018年申し込み倍率は最高の日で59倍!海外12ヵ国から乗りに来ちゃうほど、大人気!

鉄道以外にも、バスや照明、マンションまでデザインされている、まさに工業デザインの巨匠です。

こんな華々しい経歴をお持ちですが、少年時代はのんびり不器用で鈍臭かったため、
アダ名は「鈍治(ドンジ)」だったとか。

そんな水戸岡氏だからこそ、あれだけ子ども目線でのモノづくりができちゃうんでしょうね。

その昔のアダ名を大変気に入っていて「ドーンデザイン研究所」という名前の由来にもなっているという所にも器の大きさを感じます。

そういえば、岡山の竹久夢二の郷土美術館のリニューアルも手掛けられていました。

夢二郷土美術館は岡山城・後楽園にアクセス便利!黒猫とカフェは外せない! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); その生涯が映...

チャギントンのプラレール

チャギントンのプラレールも発売されていますよ。
お子さんのやお孫さんへのプレゼントにも喜ばれること間違いなし!

チャギントンのお弁当

おかでんミュージアム限定発売のお弁当。
ウィルソンとブルースターの2種、各1,350円(税込)

箱もそっくりでかわいくて、具も美味しそうですね!

チャギントンとトーマス

よく比較されるトーマスとの共通点と違いを比較してみました!

共通点:制作がイギリス、擬人化した機関車・電車の話

違い:
①制作方法
トー:もともとは絵本、人形劇。
後にCG化もするが、おだやかな描写が多くノスタルジック。

チャ:3DCGアニメならではの鮮やかな色彩と斬新なデザイン。先進的。
飛んだり跳ねたり、動きが自由自在。

②舞台
トー:ソドー島。イギリス本土から少し離れた小さな架空の島。田園風景主体。
チャ:架空の街チャギントン。中心部は都会的な街も。

③登場する乗り物
トー:主に蒸気機関車やディーゼル機関車、そのほか、車・バス・ヘリコプター・船など多種。

チャ:チャガーと呼ばれるディーゼル機関車や電車たち。「案内係のスピーカー『ヴィ―』」(はいだしょうこさんが声担当)、ディーゼル型チャガーは登場しても、車などは基本出てこない。

④登場する人間
トー:トップハム・ハット卿が主で、少ない。
チャ:男女共に登場人物が多い。整備士はもちろん、マジシャンや博士など職業も多彩。

番外編:擬人化した乗り物が出てくる他の作品

イギリス:「ボブとはたらくブーブーズ」「がんばれタッグス」「ショベルカーディグスとはたらく車たち」「地下鉄アーニー」

アメリカ:「カーズ」「プレーンズ」

日本「きかんしゃ やえもん」、「トレインヒーロー」

ノルウェー:「エリアス ちいさなレスキューせん」

「カーズ」はディズニー作品としてもおなじみですね!

個人的には「地下鉄アーニー」のリアル過ぎる『大阪くん』がツボにはまりました(≧▽≦)。細目にグラサン、日の丸マーク…知り合いにいたかなぁ!?

チャギントンでは『ハンゾー』に相当する日本の電車ですね。

まとめ

徹底したこだわりと信念でつくられたチャギントン電車、
乗ってみたいし、大切な人を乗せてあげたい、ですよね~!

その魅力を全身で感じに、是非岡山までいらしてください。